私がブログを書いたワケ

はじめまして。Re:rakuと申します。
まずはこのブログをお読みくださって、ありがとうございます。美容の知識、実践結果や教養知識やマナー知識など様々なジャンルを扱っていますが、基本スタンスは【内面から美しくなる】ことです。

私がなぜこのブログを書き始めたのかをお話させてください。

 

閉鎖されたコミュニティ

私は幼い時から人付き合いが苦手でした。田舎の小さな地域で育ち、周囲の人間関係は高校まで変わらず。今日の出来事が翌日にはクラス全員が知っているような田舎でした。
同い年の女子との集団生活は性に合わず、言いたいことを言えば角が立ち、周りに合わせていれば上下関係を強要されるような小さなコミュニティーです。

高校を卒業して上京し、やっと田舎から解放され、私は色々な人と出会いました。
初めて人とまっとうに向き合っていたと思います。
けれど、どこにいても『女子』という集団に属することは苦手でした。
誰かを生贄にしなければならないようなマウンティングの嵐。それを避けようとすれば生贄になるのは自分。平穏を得る為に他人を蹴落とさなければならないような関係性ばかりが目に付きました。

中には、そのような事に無関心を貫く方もいました。心に芯を持っているのだろうな、と憧れていました。

誰かを蹴落とすのではなく、誰かと一緒にいたいからいる。そんな関係性をたくさんの方々と築いていけるように、まずは私が芯を持った強い人になりたいと思い立ちました。

 

出来ないものへの憧れ

最初に憧れたのは、外見の美しさでした。外見が美しいと迫力がありますし、言葉に力が宿りますよね。そんな風に周囲に影響を与えることの出来る人になりたいと、夢見ました。
テレビに見る女優やアイドルの方々だけではなく、身近にいる方々からも影響を受け、その方々が行っている美容法であったり、メイク商品を購入しては実践してみました。

けれど、そう簡単にうまくはいきません。
「簡単これだけ」と謳われた商品を購入し、自分の肌にのせてみても同じように綺麗にはなれなかったのです。それを個人差と言われても、私は納得ができませんでした。

掃除をすればホウキを壊し、窓ふをすれば窓を壊すような不器用な私が、プロやそれに近い腕前になれるわけがないと、その時から思うようになりました。

 

広い世界への羽ばたき

自信を喪失し、流されるままに生きていた私ですが、ふと「同じように不器用で悩んでいる人がいるのかも」ということに気が付きました。

手先の不器用
心の不器用

どちらの不器用も、社会では生きていきにくいです。強者に強要され、楽しくもない時間を過ごさなければならなかったり、マウンティングされて使い走りのようなことをさせられたり。

そんな人生でいいの? 楽しい人生はこっちにあるよ。

 

内面と外見の美しさ

自分の人生を生きる為には自信が必要です。私の生きる道はこれで間違いない!そう言い切れる自信がなければ、周囲の意見や風潮に流されてしまいます。

自信を持つ為に必要なもの。それは内面と外見です。

人を気遣い、優しさを分けることのできる人間性
不快な思いをさせない清潔感のある身だしなみ

どちらの要素が欠けても、周囲と良い関係は築けないと思っています。ですが、これらを身に付けるのは難しく、つい諦めてしまおうかなんて甘いことも考えてしまいますよね。

不器用な私だからこそ気が付いた視点で、同じように悩む方々へこのブログを書き始めることにしました。
悩みを晒すのはとても怖くて、何度も何度も止めようかと思いました。けれど、同じような悩みを持つ方々のキッカケのひとつになれたら。そう考えると、ブログを書く手は止まりません。

私の体験や知識が、皆様の人生を明るくするお手伝いになれれば大変嬉しく思います。