polir > ライフ is polir > 休養だけでは取れない疲労。どうしたら疲れは取れるのか?

休養だけでは取れない疲労。どうしたら疲れは取れるのか?

目次

 

休んでも取れない疲れ?

パソコンを打つ手の写真

睡眠時間を多くとってみたり、マッサージしてみたり、友人と遊びに出かけても残る疲労感を感じていませんか?
仕事が体を動かすものであれば、休日には体を休めることが効果的な休養になります。けれど仕事はオフィスワークであまり動く機会がないのに疲労感はあるといった方は、血行が悪くなったことによる疲労感かもしれません。筋肉が硬くなることで肩こり、腰痛、冷え性などの症状が現れ始めていませんか?

 

血行改善で疲労回復?

小さな観葉植物の写真

普段、体を動かさない、運動しないという方は血行が悪くなっている可能性があります。
血行が悪くなると筋肉が硬くなったり、老廃物の排出を促せなくなり、むくんでしまったりと更に血行を悪化させる要因が現れだします。

軽い運動で血行を改善し、取れなかった疲労を取り去ってしまいましょう!

 

軽い運動とはどれくらい?

ランニングする人の写真

血行改善するための軽い運動とは、血の巡りを促す程度のものを言います。体の限界に挑むような運動では決してありませんので、無理をしないように気を付けましょう。
軽い運動とは次のようなものです。

  • 汗ばむ程度のジョギング、ウォーキング
  • 息が上がらない程度の水泳
  • 太ももに軽い負荷を感じる程度のサイクリング

どれも会話ができる程度のスピードで大丈夫です。
時間も長くなくてOK!30分前後を目安にして、心地よい負荷を感じてください。やりすぎると肉体的な疲労が溜ってしまいますのでご注意を!

 

まとめ

肉体的に疲れている時は怪我をしなうように休養を。
脳や心が疲れている時は軽い運動で血行を改善。

あなたは今どちらの状態かを見極めましょう。