polir > ライフ is polir > おりもの匂い、色、形状。正常・異常の違いは?チェックするポイントは?

おりもの匂い、色、形状。正常・異常の違いは?チェックするポイントは?

女性の体に正常に備わっている機能【おりもの】ですが、いざおりものが出ると匂いや染みが気になりますよね。量が多くなったり、色がいつもと違うと病気の可能性も出てきて、日々不安を抱えてしまいますよね。
そんなおりものの正常・異常の見分けるポイント、そしておりものがどうして女性の体に必要な機能なのかをご紹介します。

目次

 

どうしておりものは必要?

蓮の花の写真

おりものは、女性の体に必ずある機能です。おりものが出ると下着が汚れてしまったり、匂いが漏れないか気になったりしますね。けれど決して不要な機能ではありません。

おりものは、子宮から膣を通って出てくる粘り気のある液体です。主にふたつの役割の為に分泌されています。
ひとつは、膣内を綺麗にする為。細菌が膣内に入り込むことを防ぎ、正常な膣環境を守っています。
もうひとつの役割は、精子がスムーズに到着する手助けです。

このふたつの役割の為に、おりものは日々分泌されています。

 

おりもの周期。量と匂いの差

波打ち際の女性の足の写真

日々分泌されるおりものは、体の変化によってその量や匂いを調整しています。

  • 【排卵期】量=多い。匂い=弱い。

量が一番増える時期は【排卵期】の少し前から。おりものの役割である受精の手助けがあるからです。精子がスムーズに奥へと進む為に、匂いは少なくなりますが、量が増えることが多いです。透明で少しとろみのある水っぽいおりものは、正常の証です。

  • 【黄体期】量=少ない。匂い=弱い。

排卵期を過ぎると粘り気の増したおりものへと変化していきます。量は減り、色は透明から白っぽい色へと変わっていきます。
下着に付いて乾くと黄色く変化してしまい、気になりやすくなる時期です。

  • 【生理前】量=多い。匂い=強い。

生理前には再び量が多くなりはじめます。おりものの形状は粘り気がある白っぽい液体です。この頃の匂いが一番強くなり、非常に気になってしまう時期です。

 

年齢とおりもの周期の変化

砂時計の写真

生理と排卵を中心に、おりものの量、色、匂いは変化していきます。また年齢によってもおりものは変化します。
初潮を迎えた10代の頃から量が増え始めますが、まだ体をつくる時期である10代のおりもの周期は不安定です。量や匂いも周期とおりというわけにはいきません。
受精の手助けの役割を持つことから、 妊娠に適した20~30代が量が一番多い時期です。 10代に比べると周期は安定し、おりものから体調の状態を把握することが容易になります。
30後半~40代になってくると、徐々におりものの量は減少していきます。閉経すると更に量は減っていきます。

 

おりものの匂い

おりものの匂いには個人差があり、現在の体調や心理状態にも大きく左右されます。一概に匂いが強いからと言って、悪いわけではありません。
匂いが強くなる原因は次の要因が考えられます。

  • デリケートゾーンの洗いすぎ
  • 生理前後
  • ピルの使用
  • 妊娠中
  • 更年期
  • 病気

病気や異常かもしれないと過敏になりすぎていると、そのストレスからおりものの匂いが強まる傾向があります。あまり考え過ぎず、気になった時には婦人科を訪れてみましょう。検査をして異常がないとわかれば、ストレスによる匂いの変化は解消されるはずです。

デリケートゾーンを洗いすぎても不衛生にしても、匂いが強くなってしまう原因です。
不衛生であれば雑菌の繁殖によりアンモニア臭くなり、そのまま放置すれば炎症を起こしてしまう可能性もあります。
かと言って、清潔にしようと洗いすぎるのも問題です。膣内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。洗いすぎは善玉菌を減らしてしまい、おりものが生臭くなります。

 

気になるおりもの対策

室内の観葉植物の写真

例え正常な体の機能だとしても、下着が汚れたり、匂いが出たりすれば、どうしても気になってしまいますよね。
日常のおりもの対策にはどんなものがあるのでしょうか。

  • ムレさせない

デリケートゾーンがムレた状態のままでいると、雑菌が繁殖しやすくなり、匂いが強くなる原因をつくったり、皮膚トラブルになる可能性があります。
その為、通気性の良い下着に変えてみたり、おりものシートをこまめに交換することでムレを解消します。
特にストッキングやタイツを履いている時はムレやすいので注意が必要です。

  • 適度に洗う

膣内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。洗いすぎは善玉菌を減らしてしまう行為です。体に異常がなければ、 泡立てた石鹸やボディソープを取り、手のひらや指の腹で体を洗うのと同じように洗う程度で清潔さを保つことができます。膣内まで洗う必要はありません。
洗い残しやすすぎ残しは雑菌の繁殖を増長させるので、丁寧に洗い流すことを忘れないようにしてください。
爪を立てて擦ったりは厳禁!名前のとおり【デリケート】な部分です。ナイロン素材のタオルの使用も摩擦によるダメージが大きいので使用は控えましょう。

 

病気のサイン

体温計の写真

次のようなおりものは病気にかかっているサインの可能性があります。放置せずにできるだけ早めに病院に行ってみましょう。

  • 色の変化

灰色っぽくなる。
黄緑がかった色になる。
赤褐色になる。
ピンク色っぽくなる。

  • 形状の変化

泡状になる。
カッテージチーズのようなポロポロした状態になる。
膿っぽくなる。

  • 匂いの変化

強い悪臭。
腐敗臭。
刺激臭。

 

オススメおりものケア用品

おりものの汚れが下着に付くと、乾いた時に黄色く変色したり、染みになってしまいます。また匂いが気になる時期のケア用品もありますよね。
そんな不便を快適に過ごす為のケア用品をご紹介です!

サラサーティコットン100めくれるシート

二枚重ねのめくれるシートがとっても便利なサラサーティコットン100。不意にトイレに行った時、代えシートがなくても大丈夫!一枚めくるともう一枚!
一枚で二回使える便利なシートです。

ソフィ ふわごこち

全面通気性シートでムレる心配がありません。柔らかな弾力シートは体にも下着にも優しくフィット!
肌触りの良い不快感を与えないシートです。

インクリア

おりものの匂いが気になる方は、インクリアで直接ケア!
インクリアは膣内に直接洗浄液を入れる方法で膣内の環境正常化を促します。コツは寝る前に行うこと!立った状態では洗浄液が体外へ流れ出てしまう可能性が高いからです。寝る直前に注入すれば、寝ている間に膣内を綺麗にし、おりものの匂いを軽減する手助けをしてくれます。