polir > ライフ is polir > 【頑張ればできる!】はどこまで頑張るの?行き先を見失う本当の怖さ

【頑張ればできる!】はどこまで頑張るの?行き先を見失う本当の怖さ

人は本当に死ぬ気になれば、何だってできる!と、昔から言い続けられてきましたね。
確かに、生きるか死ぬかを選べと言われるような究極の崖っぷちならば、死なないようにもがくでしょう。
けれど、崖っぷちではない日常にだって頑張らなくてはならない事はあります。そして、頑張らなければならない状況があります。
あなたの頑張りは、その目標に見合っていますか?

目次

 

「死ぬくらいなら辞めればいい」は本当?

2017年4月に発売されて、Twitterでの反響は30万リツイート。
ブラック企業や職場イジメに悩み、病んでしまう人達を救った一冊と呼ばれています。
会社や仕事という生きていく為の術に命を絞られるなんて、おかしな話ですよね。私もこの本を読んで、視野が狭くなっていた時期があったなと思い返しました。

朝起きて、会社に行って、仕事をして、帰ってくる。そしてまた朝に起きるを繰り返す以外に、何も頭に入ってこなくなりました。気力というものがあるんだという事を実感した時でもありました。
朝から晩まで、果ては休日まで仕事のことしか考えられません。選択肢はいくつもあったはずなのに、いつの間にか捨ててしまって選べなくなっていることに後から気が付きます。けれど、それをおかしいとは思い至りません。
やがて、脳の疲労がピークに達しようという時に、この状況を簡単に終わらせることができるものへと目が向いてしまいました。つまり【死】です。

私はこの本を読んだ時には、既に逃げ出した後でした。この本をあの最悪の時期に読んでいたら、きっとこの本の内容は頭に入ってこなかったかもしれません。それほど生きている事も死ぬ事も他人事でした。
もしかしたら、周囲の人達が私に読み聞かせて、目を覚まさせようとしてくれたかもしれません。
けれど、この本のように、周りに救われて生きていける人が全てではありません。

※決して「この本が正しくない」と言っているわけではありません。この本に書かれていることは正しいけれど、そうではない部分もあるということを記事にしています。

私も職場でイジメやパワハラに遭い、退職せざるを得ない状況に置かれたことがあります。
どんな対抗策を練っても、話し合っても、解決しようともがくのは私ひとり。周囲の誰もが助けてくれず、なぜか加害者側寄りに私を見てきます。「こうなっているのはお前のせいだ」と毎日、目で言われ続ける恐怖で体と心を壊しました。

今になって思えば、私の未熟な面で迷惑をかけられた腹いせだったのかもしれないと考えるようになりましたが、やはり今になっても正確な原因はわかりません。
そして、その悪い環境から逃げても、蝕まれた部分は腐ったまま自分の中に在り続けるんだということを実感しています。

私や本の著者のように、悪い環境から逃げることができた人は幸運だと言われますね。確かに、いつまでも自分を削り取る環境に身を置くことが良いわけはありません。
けれど、そんな環境にすらも縋らなければ生きていけない状況にある場合もあります。

どうにかなる。どうとでもなる。だから、【頑張れ】と言われる度に、心は苦しくなります。
逃げ出しても苦しくて、残っても苦しくて。先が見えないのではなく、見えていたはずの先が塗り続されていくことが怖いのです。
「もうどこにも逃げ場はない」と突き付けられている気持ちにさせられたら、
生きる気力なんて簡単に手放したくなります。

だからこそ、新天地を求めて逃げ出したはずが、その天地でも行き詰ってしまう。それを繰り返している内に、自分がどうしたいのか、何をしたら救われるのかがわからなくなります。
幸せになりたいと、ただそれだけだったはずの小さな目標は、最早正しい方向を指し示してはくれません。

 

闇雲に頑張ることの怖さとは?

手で顔を隠した女性の写真

よく【頑張れ】と応援する声を聞きます。受験だったり就活だったり、試合だったり。様々な場面で使われていますね。
その【頑張る】ことが、もっと恐ろしく険しい道へと誘ってしまう言葉になっている事を知っていますか?

一度挫折を味わってしまった後、味方をしてくれた周囲の人達の為にも早く復帰したいという想いは強くなります。その気持ちが原動力になって前に進めるのは良いことですが、見切り発車では早い段階で同じように挫折してしまうかもしれません。

何に対して、どこまで頑張るのか。
そんな事を先に決めて行動することなんてほとんどないでしょう。けれど、考えなければなりません。

「今度はちゃんとした会社に就職して、ちゃんと頑張る!」と目標を掲げても、明確ではない目標は努力を吸い上げるだけ吸い上げて、何も達成することはできません。
何社も面接を受けてやっと決まった会社に就職しても、その目標はまだまだあなたの努力を吸い上げようとします。
仕事が決まったのなら、次は安定して長く働き続けられるように。
その次は、会社の人達と仲良く仕事できるように。
更に次には、嫌われないように面倒な事や自分がやらなきゃ。

もし、こんな風な思考に落ちてしまったら、立ち止まってください。
ブラック企業ではなくとも、努力の搾取はどこにでも潜んでいます。周囲の誰かが罠を仕掛けなくても、あなた自身の心があなたの努力を搾取しようとしていることもあるのです。

例え悪い環境だったところから逃げ出しても、その次の場所で頑張らなくてはなりません。
いつまで?
どこまで?
目的地を知らずに努力することは底なし沼にはまることと同じです。

 

あなたが大切にしたいものは何ですか?

水中の花びらをすくう手

シンプルに考えてください。何の脚色もいりません。
【あなたが大切にしたいものは何ですか?】

生きることの目標は誰しも【幸せになる】ことです。
具体的な目標は人それぞれあるでしょう。何年後までに昇進する。新しい資格を身につけて高待遇の会社に転職する。改めて勉強し直して、海外移住するなど、それこそ数えきれないほどあります。
けれど、その真ん中にくるのはたった一つ【幸せを感じたい】という想いです。

あなたの幸せは、何でしょうか?
どんな時、何をしている時?
今の環境はそれに合っていますか?
期限付きの努力で達成できますか?
どこまで頑張ればいいのか、はっきりと区切られていますか?

今まで考えなくてもどうにか生きていくことはできました。けれど、今は考えなければ、いつまで経ってもあなたの幸せは遠くに置かれた目標でしかありません。
努力は続けた分だけ幸せに近付けるのではなく、どこに幸せを設定するか、そこまでどうやって努力することが最善なのかを考えなくてはなりません。

その為には、あなたが何を大切にしているかを知らなくてはなりません。その大切なものの近くには、あなたが幸せと感じるものがあるからです。

 

まとめ

幸せになりたいと考える時、様々なことが頭に浮かぶでしょう。その中で着飾ったあなたは必要ありません。世間の常識やロールモデルなんていらないのです。
あなたの心の中で感じられる本当に大切なことを探してください。その周囲には、あなたが幸せと感じられるものが必ず見つかるはずです。

その為に、あなたはまずあなた自身に自信を持ちましょう。あなただけの大切なもの、心の中に一本の芯を持ってみませんか?
ほんの少しあなたが変わるだけで、世界は変わりはじめます。

あなただけの芯を持つ為に考えるべきことを記事にまとめています。こちらも是非お読みください。