polir > ライフ is polir > 2・6・2の法則で人間関係から解放されよう!

2・6・2の法則で人間関係から解放されよう!

人にどう思われているか、あなたは気になるタイプですか?
もし気になるタイプなら、2・6・2の法則を知ることで人間関係の悩みを軽減することができるようになります。
2・6・2の法則はあなたの人間関係を変革する法則になるかもしれません。

目次

 

人間関係に疲弊していますか?

手で顔を隠した女性の写真

会社や家族、友達など、あなたの周囲にはたくさんの人がいます。例えあなたが優秀で、どれだけの仕事をやり遂げ、周囲への気配りを欠かさない人だとしても、あなたは一部の人達から嫌われていると感じていませんか?

それはあなたの勘違いではないでしょう。
どんな善良な人にでも、悪意や嫌悪を向ける人は一定数いるのです。なぜそんな事をするのか、本人達に聞いてみても明確な答えは出てくることはないでしょう。

けれど、確実にあなたの精神を削り、波立ててくる存在です。
そんな人達に対して、あなたはどう対処していますか?

 

2・6・2の法則とは?

2・6・2の法則または8・2の法則は、ビジネスの場でもよく耳にする言葉ですね。
イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した、8:2の法則の亜種で、別名を「働きアリの法則」と言います。

働きアリは全体の2割がとてもよく働き、6割はそこそこ働き、残り2割はサボリます。例えば、働く8割だけを集めても、その内必ず2割がサボリ始めます。
この割合は、決して変わることはないのです。

この法則が何に転用できるかと言うと、あなたを好きでいてくれる人の割合です。
2割はあなたの事を本当に好きでいてくれる人達、6割はあなたの事をそこそこ好いてくれる人達、残り2割はあなたが何をしても決して好きにはなってくれない人達です。

努力してあなたの魅力やスキルを磨いても、決して振り返ってくれない人達がいます。それを知ると、人付き合いが少し気楽になると思いませんか?

 

あなたの周囲の人達に当てはめる

あなたの周囲の人達の事を思い浮かべてみてください。
その中で、あなたはついあなたを好きでいてくれる人達よりも、敵視してくる人達の事をより考えていませんか?
彼らはまさに本能に従うように、あなたの事を嫌っています。その原因を突き止めたところで、2・6・2の法則がある限り、仲良くなる方法なんて見つからないかもしれません。

あなたを嫌い、そしてあなたも苦手と思う人達の為に時間を費やすことは無駄だと思いませんか?
それよりも、あなたを好きでいてくれる人達の為に、あなたが好きだと思う人達の為に時間を費やしましょう。

嫌いなものに多くの時間を費やすと、あなた自身に多大なストレスがかかります。
それよりも、好きなものに囲まれて過ごす時間を増やして、逆に溜まったストレスを発散しましょう。その方が健全で、快適ですよね。

 

まとめ

できれば全員に好かれたい。嫌われたくない。そう思うことは自然です。けれど、どう足掻いてもそうはなりません。多くの人に愛されるアイドルだって、それを嫌う人達はいるのですから。

あなたの人生という有限の時間を、嫌いなものではなく好きなもので満たしましょう。そうしている内に、あなたの心に余裕ができます。その余裕はあなたの未来の可能性を広げてくれるはずです。