polir > ライフ is polir > ダイエットを成功へ導こう!無駄な食欲を抑える方法!暴飲暴食阻止!

ダイエットを成功へ導こう!無駄な食欲を抑える方法!暴飲暴食阻止!

終わらない食欲を抑える。それはダイエットに挑む人達の前に立ちはだかる難題…
どうしたら、食欲を抑えきって無駄食いしないようになれるのでしょうか?その方法を実体験をもとにご紹介!

目次

 

食欲=連鎖反応

食欲とは本当に厄介なものですよね。食べなければ健康な体は維持できないというのに、余分なほど食べてもまだ食べたいと思わせてくる…本当に厄介です。

そもそもどうしてこんなに無駄な食欲が湧いてきてしまうのでしょうか?
その原因の一端は油分と糖分にあり!

油分も糖分も、一度過剰摂取すると次々に欲しくなるようにできています。さらに糖分は過剰摂取によって血糖値が急上昇するため、体内が一時的に低血糖になります。
この時の食欲は体内バランスをとろうと脳が命令した為のもので、本当にエネルギーが不足しているから起きる食欲ではないのです!

無駄な食欲の連鎖はなぜ起こるのか?詳しくはこちら→食べ過ぎはなぜ起きるのか?

 

無駄な食欲が湧いたらすること!

この無駄な食欲を抑えなければ、ダイエットの成功は遠いですよね。この食欲を抑えるにはどうしたらいいのか?私の実体験をもとにコレという2つをご紹介します!

 

食べる時間を与えない!

ポイントは、いつも間食してしまう時間に食べる暇を与えないこと!仕事、家事、運動なんでも構いません。
財布を持たないウインドーショッピングなんかもOK。無駄な食欲を感じた時にすぐに食べ物を手にできない環境にあることで、食欲が落ち着く時間を与え、食べすぎを防止することができるようになります。

ダイエット初期段階では、かなりの食欲が襲ってくるので少々辛い時間でもありますが、乗り越えると「食欲ってどこいった?」と不思議になるくらい落ち着きます。それまでの辛抱です!

 

どうしても食べたい!そんな時はコレ!

それでもどうしても食べたくなる!栄養は足りていても、口が寂しすぎて仕事に集中できない!
そんな時は、ちょっとだけ食べちゃいましょう。罪悪感を減らしてくれる食べ物に限定すると、後悔も少ないですよ。
私の場合、お菓子の代わりに次のものを食べてどうしようもない食欲を誤魔化していました。

  • 煎り大豆
  • 冷凍枝豆
  • きなこ

見事に大豆製品に集中しました。狙ったわけではないのですが、気が付いたら大豆ばかりを食べていましたね。

上記の大豆製品は、塩や砂糖など省いた状態のものを選んでください。食べすぎたとしても、カロリーも糖分もお菓子1個食べるよりも少なく、尚且つ満腹感も得られます。食べ応えがありますからね。

煎り大豆

煎り大豆はスーパーの豆菓子や煎餅コーナー付近、もしくは出汁などのコーナーにあります。
から煎りしているだけなので、塩分や油分が無く、さっぱりとした大豆本来の味わいです。
100~200gほどで100円ちょっとで買えます。手軽に手に入るダイエット食として、優秀な食品です。

冷凍枝豆

すでに茹でてあるので、解凍して食べるだけの調理いらずなのがいいですよね。多少の塩分はありますが、食べ過ぎなければ問題ない程度です。
1袋を2~3回分に分けて解凍して食べるようにすると、食べ過ぎも防げます。
国産ではない商品を狙えば、200円程度で買えるお手軽さがいいですね。

きなこ

意外とお腹にたまるので、びっくりしました!
砂糖などを一切加えず、きなこそのものだけをスプーンで食べます。パクパクとスピーディに食べられない食品なので、食べるのに時間がかかります。そのお陰か、満腹感を得やすいですよ!
お正月だけの季節商品と思いきや、実は1年中スーパーにおいてあります。
100~150g程度で100円しないくらいの価格です。お財布にも優しいので、ストックしておいてもいいと思えるダイエット食です。

これらの食品は、「どうしても食べたい欲求が抑えられない!」というダイエット初期段階を乗り越える為のもの。体が食生活に馴染んでくると、自然と食欲も落ち着いてくるので、惰性で食べ続けることのないように気を付けてくださいね。
何かを食べる時は、自分のお腹にどれだけ食べたいか、体はどれだけ必要としているかを冷静になって考えてみてください。あれもこれもと食べ物のことばかり頭に浮かんでいる時は、無駄な食欲が湧いている時!そんな時は、量を調節する理性を働かせましょう。

 

無理はしない方が成功する

いきなりヘルシー食事オンリーや、毎日10kmランニングなどの極度なダイエットは決して続きません。やる気の問題ではなく、無理しすぎるからです。
無理な事は心と体に大きな負担となります。負担が大きすぎれば、心と体はブレーキをかけて、今までと同じ状態に戻れるように必死に訴えかけてくるのです。ダイエットとは、そんな本能と理性との戦いです。

何の筋トレもしてこなかった人が、いきなり腹筋100回連続ができないと同じように、無理しても続けられなければ意味がありません。
今の自分に合った適度な食事制限、適切な運動量からスタートし、徐々にその範囲を広げていくことが大切です。

無理をしてたくさんのダイエットを取り入れると、その時だけは達成感がありますが、翌日は体も心も重くなり、頑張ろうという気は起きません。
無理を体験したいのではなく、理想のボディになる為にダイエットをはじめたということを忘れないように!

道のりをゆっくり歩く亀でいいじゃないですか。自分のペースが何より大事。ペースを乱さず進めば、必ずゴールが見えてきます。