polir > ライフ is polir > 自信をつける4つの習慣。自信を持つ為に必要なことは実は簡単な習慣の中にあった!

自信をつける4つの習慣。自信を持つ為に必要なことは実は簡単な習慣の中にあった!

目次

 

自信を持つ自分になる為にすべき事4つ

ハート型の風船を差し出した女性の写真

自分に自信を持つには、自信が持てる自分になること。その為には、今のままではダメだということを理解・納得する必要があります。

人は、想像する以上に自分に甘く、優しいものです。
目を背けたいと思っていることには、真っ向から向かい合うことはなかなかできません。

そんな時、自分が誇れるものがあったなら、真っ向から自分のダメなところと向かい合えるようになれると思いませんか?

自信のある自分になる為にすべき事4つをまとめました。これらは習慣化していく事で自信を持つ自分になる為の下地を作っていくものです。
些細な事ばかりでも、それが積み重なると大きな力となります。それを実感してみてください。

 

1.外見を磨く

内面こそが大事という言葉を聞きますが、器あってこその内面だとも思いませんか?
メイクで美しく見せる、日々姿勢を正す、トレーニングをして強靭な肉体を作る。これらは自信を持つ外見を得る為に必要なことです。

何事も形から入ると、集中しやすくなります。外見は自信を持つ為の第一歩と考えたら、磨いてみたいと思いませんか?

 

2.ゆっくりと行動する

話すスピードがゆっくりだと、相手に聞き取りやすく、そして落ち着いている印象を与えます。
とにかく返答しよう・話そうと思ったばかりに、思いがけない失言をしてしまった経験があるならば、なおさらゆっくりと行動することを心がけて。

同じ行動をしても、動きがゆっくりだとそれだけで余裕があるように見えます。常に忙しなく動いていると、誰から見ても余裕の無い人と見られ、軽んじられる傾向も。

動作ひとつをゆっくりと行うだけで、自分がやろうとしている事の意味や、話そうとしている内容を、外に表す前に自分自身がより深く理解する時間が生まれます。

 

3.質の良い物を食べる

食べ物は思っている以上に体に影響を与えます。
砂糖の取り過ぎは集中力を乱し、苛立ちを増やし、お肌を老化させ、内面外見どちらにも良い事はありません。
カフェインは脳を活性化させますが、摂り過ぎるとイライラしたり、緊張状態に陥りやすくなったりと、砂糖と同じように悪影響しかありません。

ジャンクフードにはそういった悪影響を及ぼすものが、たくさん含まれています。
ならば、私達が食べるべき物は?

旬の野菜、果物などを味わって食べること。
腹八分目の適量を心がけること。
楽しく食事すること。
これらを食事に取り入れると、体はみずみずしく若返り、集中力が高まります。日々の食事でストレスは解消され、無駄にストレスを抱えることが減っていきます。

私達の体は、私達が口にする全ての物で出来ています。毒素になるものを多く摂れば、それだけ悪い影響が出るのは当たり前ですね。

 

4.寝る前に今日の良かった事を思い出す

おまじないや暗示のようなものに思えますが、意外と大事な事なのです。
寝る前、今日一日の出来事を思い起こすことはありますか?そんな時、良い事と悪い事のどちらを多く思い出していますか?

一日の終わり、それも寝る前に考えたことは、翌日以降になるとその日一日の結果として記憶に残ります。
3つ良い事があったとしても、1つの悪いことを思い起こして眠りについてしまったら、その日は悪い日だったと記憶してしまうなんて、もったいないと思いませんか?

悪い事ばかりの日にも、見方を変えて「良かった一日」として締めくくる習慣をつけてみてください。
プラスを見つける力を養うことは、あなたに明るい未来を運んでくれます。

 

習慣が大切

気が付いた時に少しずつ日々の癖を直していくと、やがては自分自身を変えるほどの変化になります。習慣という力は、長い時間を必要としますが、影響力は絶大です。

一度に全部を変えることがは無理ならば、ひとつずつ習慣を積み重ねて変えていきませんか?あなたが望んだ未来になるように。