polir > ライフ is polir > 理想の自分になる方法 生まれ変わりたい貴方へ

理想の自分になる方法 生まれ変わりたい貴方へ

今回のライフ is Polirは【生まれ変わる】ことで人生をもっと楽しく、充実したものにできるよう自分を変える方法をご紹介します。

今の【自分】は好きですか?

人はそれぞれに悩みを抱えています。悩みの無い人なんていないくらい、多種多様な悩みが世界中の人達の中にあります。
そんな多くの悩みの中、ご自分が好きだと言い切れる人は何人いるでしょうか?
この記事を読んでくださっている皆様はご自分のことが好きですか?

多くの人が心の底から「はい」とは答えられないのではないでしょうか?
書ている私もその一人です。
私は今、次にご紹介していく方法で自分を生まれ変わらせようと実践中なのです。
以前の私は企業に勤め、安定しつつも満たされない日々を送っていました。いつもと変わらない日常は素晴らしい安定感をもたらしてくれているのに、どうしても満足できない。
なぜだろうと考えた時、日々を小さくコマ割していくと、小さな嫌なことがたくさんあることに気が付いたのです。

小さな嫌なこと。それは人間関係でした。
派閥争いの為に名ばかりのチームリーダーという地位を与えられ、上司からは無茶なプロジェクトを投げられていました。それでも同僚や部下と一緒にチームをまとめてプロジェクトを成功させようとしていたのですが、それが誰にも伝わっていませんでした。
同僚も部下も、上司の派閥争いの為のプロジェクトなんかにやる気は無かったのです。私も派閥争いの為だけなら、やる気はありませんでした。けれどそのプロジェクトを成功させたなら、会社全体の業務効率がアップする未来図を描いていたのです。
私の気持ちをプロジェクト開始から伝えていたのですが、全く伝わっていないということがわかり、再度ミーティングの場を設けました。けれど既に皆の気持ちはプロジェクトから離れており、気持ちを切り替えて再スタートを!というわけにはいきませんでした。
日々繰り返される叱責と状況説明。同じことを繰り返して前に進めない状況。まるで邪魔をするかのようにプロジェクトに参加しようとしないチームメイト。そんな日々に、私は前進する気持ちを失ってしまいました。

相手の為に。会社の為に。何かの、誰かの為の行動が誰にも伝わっていませんでした。私は、自分のモチベーションさえ上げられず、プロジェクトは頓挫してしまったのです。
プロジェクトの失敗。同僚、部下からの嘲笑。上司からの叱責。そのどれもが私をどん底まで落としていきました。

こんな風に日々の中で人間関係でのすれ違いは多いです。
相手のことを思っての言動が、相手には伝わっていなかった・逆に迷惑をかけてしまった。そういうことは多々あります。

しかし、人と人が関わり合って私たちの世界が造られているのです。誰とも接しない生き方なんてできません。
そして想像してください。一人で誰のことも考えずに生きている人生と、誰かの為にと行動して、それが相手の為になり、感謝された時の喜びは比べるべくもありません。

ならば、人との関わり方を変えていくしかないのです。
それが【自分を生まれ変わらせる】に繋がります。

なぜ自分を生まれ変わらせるの?

悩みを抱えた皆様は、漠然と「違う人間になりたい」と思ったことはありませんか?
まさにそこです。生まれ変わりたいと願っている自分がいるのです。
その為には内側から、つまり性格を変えていく必要があります。

どうやって変えていくの?

まずはどうやって自分を生まれ変わらせていくのか、ざっくりと流れをご説明したいと思います。

  1. 自分のことを知る為に、自分の性格の良いところも悪いところも全てを書き出す。
  2. どんな自分になりたいか。理想の自分を書き出す。
  3. なりたい自分になる為の具体的な小さい目標を立てる。
  4. 小さい目標に対して期限を設ける。
  5. 目標と期限を決めたら、紙に書いて目につくところに貼る。

1.自分の良いところ悪いところを全て書き出す

まずは【今の自分】を知ることから始めます。
現状を知らずに変化することはできません。ご自分がどんな性格なのか、どういう良い部分、悪い部分があるのかを全て書き出しましょう。

例えば、良い部分ならば「毎朝、笑顔で挨拶する」など。悪い部分ならば「イライラを家族に八つ当たりする」などですね。
考えていると、全て書き出せていない気がしてくると思います。常に自分の言動を意識している人は多くないからです。それでも20個以上は書き出してみましょう。いつもよりも深く自分を知ることができるはずです。

2.理想の自分を書き出す。

今度は最終目標である理想の自分・なりたい自分を書き出します。漠然とした言葉よりも、具体的に細かく書き出しましょう。

例えば、「8月までに体重を10キロ、ウエストサイズは5センチ落として着たいデザインのビキニを着る」、「40歳までに起業して年商1,000万円を売り上げる」などです。
理想はできる限り具体的に、そして数字を絡めて上げていくと効果的です。今の自分に何がどれくらい足りていないのかを知る物差しになります。

3.なりたい自分になる為の具体的な小さい目標を立てる。

次はなりたい自分になる為にどんな変化が必要になるかを考え、目標を設定します。

例えば、「8月までに体重を10キロ、ウエストサイズは5センチ落として着たいデザインのビキニを着る」というなりたい自分になる為には、どういう変化が必要でしょうか?

体重とウエストサイズを落としたいから、まずは運動を始めることですね。
であれば、この理想に対する目標は【毎日3キロのランニングを行う】や【フロントブリッジを10セット行う】などです。
しかし、ここで無理は禁物です。【毎日10キロのランニング】や【フロントブリッジ、スックワット、腹筋、背筋を各100回行う】などと言う無理な目標は立てないようにしましょう。
目標を決めた直後はやる気に満ちています。そのままの全力で行動開始し、初回~3回目くらいに怪我をして計画が中断されてしまうことはよくあることです。
そうならない為にも、無理な目標は立てないようにしましょう。目標は行動を開始してから上方修正してもいいのです。

4.小さい目標ごとに期限を決める。

長期的に変化を求めることは正しいです。けれど、いつまで経っても成功した!と思える瞬間には立ち会えません。
そこで小さい目標ごとの期限を決め、成功体験を重ねていきます。そうすることでモチベーションを維持し、最終目標まで揺るがない覚悟で行うことができます。

5.目標を目につくところに貼る。

目標達成の為に日々どれだけの努力をしても、どうしてもモチベーションが上がらない時は必ずきます。そんな時、自分ひとりでは誰も見ていないからと思って「その日だけは。。。」と休んでしまうと、次の日もまた次の日もと休む日が続き、気が付けば目標のことすら忘れてしまいます。

モチベーションの維持に。覚悟を決めた時の気持ちを思い起こす為に。目に見える場所に目標を掲げましょう。
紙に書いて貼ることで【プライミング効果】を得られます。
プライミング効果とは、先行する刺激(プライマー)の処理が後の刺激(ターゲット)の処理を促進または抑制する効果のことです。
簡単に言うと、先行する刺激が無意識に後の情報に影響することです。
この効果を利用して、目標を掲げた時の気持ちやその目標への思いを再び燃やすことが出来ます。

多くの成功者と呼ばれる人達は、必ずと言っていいほど目標を紙に書いて部屋に貼っていました。その目標が具体的であればあるほど、日々を単調に過ごすことはなくなるのです。

目標達成に必ず必要になる要素

  • 失敗・挫折は必ず起こると最初に覚悟しておきましょう。
  • 成功すると信じるポジティブな気持ちを持ちましょう。

この2つを念頭に置いて、決して忘れないでください。
必ずと言っていいほどに起こる目標未達成に対して、自分を卑下することも後悔することもありません。
なぜできなかったかを分析し、次に繋げる気持ちを持ちましょう。

失敗・挫折は付き物と受け入れる

どんな目標でも失敗や挫折はあります。けれどそれが何だと言うのですか?まだ人生は終わっていない。いくらだって再スタートを切ることができるのです。
失敗は成功の母と言う言葉があります。その通りにしてしまいましょう。この失敗は必ず次の成功に繋がっていると信じ、失敗ごと受け入れて次へ進みましょう。

理想と現実の自分とのギャップに初めの頃は受け入れがたい気持ちが大きくなることでしょう。けれど、変わろうと思った時のことを思い起こしてください。
その気持ちは何よりも大切なものです。だって変わろうと思わなければ、理想の自分になんて会えなかったのですから。

ポジティブに考える

最後は、常にポジティブに考えることを忘れないことです。
信じることは成功へと繋がる鍵です。「どうせできない」そう思いながら行動を起こしても、それは必ず失敗します。思いは成功へと繋がっているのです。

自分ひとりの思考では信じることができないのならば、人の言葉の力を借りましょう。
世界中のたくさんの名言から、この言葉をご紹介します。

あらゆる偉業の出発点は目的を明確にすることから。 W・クレメント・ストーン

理想をはっきりと捉えて、そこに向かって邁進してみましょう!
きっとできる!just do it!

Leave a Reply