polir > ライフ is polir > 心を落ち着ける。精神安定に役立つ3つの行為

心を落ち着ける。精神安定に役立つ3つの行為

目まぐるしく変化する周囲の状況。なかなか辿り着けない理想と現実のギャップ。同じスタートにいた人達が自分を置いて先に進んでいるような焦燥感。
いつだって私達の周りには、心を不安定にさせる事柄に満ちています。

そんな時こそ、心を落ち着けて自分がいる場所を見直しませんか?

目次

 

焦りは過ちを生み出す

焦ると小さなミスや間違いに気が付きにくいだけではなく、「これくらいはいいだろう」と、間違いを正さずに押し通そうとしてみたことはありませんか?
そして、その小さな間違いは結果を迎えた時には大きな失敗になってしまっていたりするのではないでしょうか。

焦っていると、何もかもが雑になってしまいます。本当は気が付けたことも見逃し、気が付いていたにも関わらず、見過ごしてしまうことも。
焦りと過ちはいつだって連鎖しています。

そんな負の連鎖を断ち切るには、精神の安定が必須です。

 

精神安定に役立つ3つの行為

心が落ち着かないと何にでもイラついてしまい、周囲を傷つける発言をしてしまったり、小さなミスを繰り返してしまいますよね。
そんな時こそ、精神安定を図る時です。

これからご紹介する3つの方法で、心を落ち着かせてみてください。きっとあなたの役に立つはずです。

 

1.軽い運動

血行を良くすることは、体にとっても良い影響を与えます。もちろん心にも。
何分は運動する・何キロは走ると制限をかける必要はありません。気の向くままにだらりと歩くだけでも十分です。

家の周りをぐるりと歩くだけのお散歩から初めてみてください。気が向いたら、少しだけ足を延ばして公園まで。綺麗な風景を見つけたらもう少し先へという風に、気が向くままに体を動かします。

ジムが気になったら入ってみてもいいですね。お散歩ではできないトレーニングを行うのも良い運動です。

 

2.広大な自然に包まれる

朝焼けの空。真っ青な快晴。赤に染まっていく夕暮れ。季節ごとに変わっていく木々や花々。そういったものを見て、香りに触れると、ぐしゃぐしゃに絡まった心が解きほぐされていきます。

山や海など、広大な自然の中に行くとより顕著に感じられます。誰もいない時間帯を狙うと、より自然を近くに感じることができます。
広い公園でも同じような感動を得られます。穏やかな気持ちでいられるお気に入りの場所を見つけてみてください。

 

3.たっぷりの睡眠と楽しい食事

人の体と心は繋がっています。休息と栄養が無ければ、病気になってしまうのは体だけではありません。

毎日は無理でも、休める時には十分に眠りましょう。日付が変わってから寝るよりも、早い時間に眠る方が体の回復に繋がります。
睡眠不足は脳の動きを悪くさせ、お肌を荒れさせ、気持ちをささくれ立たせます。心と体のベースをつくる為に、よく眠ることは大切です。

睡眠と同じように食事も大切にしましょう。
けれど、栄養バランスばかりに気をとられては意味がありません。身になる食事は、栄養バランスをとりながら楽しく食べることです。1人でも大勢でも、あなたが楽しいと感じられる食事にしてください。

 

心が落ち着けば道を切り開く力が湧く

どうにも行き詰ってしまったら、自分には合っていなかった、才能が無かったと悲観しますか?
本当は、ただ疲れて何も考えられていないだけかもしれません。
悲観するならば、まずは心を休めてみてください。

嫌なことも良いことも、毎日たくさん目の前で繰り広げられています。それらの何を拾い上げるのかは、あなたです。
「今日は嫌な一日だった」そう思ったなら、あなたはその日にあった嫌なことを拾い上げ、良いことから目を背けたということ。
そんな毎日が楽しいはずがありませんよね。

心が落ち着いていたら、どうでしょう?
楽しかったこと、良かったことに目が向いて、困難を切り開くキッカケに気が付けるのでは?
そうしたら、一日の終わりに「良い日だった」と思えるのではないでしょうか。

心が疲れてしまうと、人は力を出し切れません。ゾンビのようにフラフラと歩くだけで精一杯になります。
人生をより豊かに楽しく、そして幸せと感じられるように。日々の中に心を落ち着かせる時間をつくってみてください。
その日にあった良いことを、ひとつでも多く拾い上げることができますように。