polir > ライフ is polir > 痩せたら老けた?!ダイエットしたら老けて見える原因はたった1つ!

痩せたら老けた?!ダイエットしたら老けて見える原因はたった1つ!

運動や食事制限などで、やっとの思いでダイエットに成功した瞬間!なぜか周囲からは「疲れてる?」や「老けたよ」という声ばかり聞こえてくることはありませんか?

ふと鏡の中の自分を見ると、確かに若々しさはそこに無い。。。

ダイエットのやり方を間違えると、体重は落ちても外見は年老いてしまう結果になるかもしれません。
その原因はたったの1つ!その1つの原因が、ダイエットを失敗に傾けさせてしまいます。

目次

 

老けて見える原因は?

セーターを着た女性の写真

ダイエットに成功したのに、なぜか老けて見られてしまう。それはなぜか?
老けて見える原因は、たるんだお肌です!

ダイエットに精を出してせっかく痩せても、お肌がたるんだ状態ではどんな年齢の人でも老けて見えます。
若い人のお肌はピンと張っていて綺麗に潤ってみずみずしいはず。それまで奪い去ってしまうほどのダイエットをしてしまうと、痩せても綺麗に見えません。

けれど、ダイエットをしたら必ずお肌がたるんでしまうというわけではありません。
たるんでしまうお肌とたるまないお肌。その違いはどこにあるのでしょうか?

 

お肌のたるみ=ダイエットの関係

女性の首の写真

老けて見えてしまう原因が『たるんだお肌』であることはわかりました。次に気になるのは、『なぜお肌がたるんでしまうのか』です。そこには2つの要素が隠れていました。

ひとつは皮膚と脂肪細胞です。
脂肪細胞は皮膚の下にあります。ダイエットによって脂肪細胞を縮めることができますが、皮膚が縮むことはありません。伸びてしまった皮膚はそのままで中身が小さくなるので、たるんで見えてしまう結果、老けて見えるお肌になるわけです。

更に、運動ではなく食事制限のみでダイエットした人に多く見られています。それは、脂肪とともに筋肉まで落ちるから。
減らしたいのは脂肪だけなのに、筋肉まで落ちてしまうことは、運動によるダイエットでもあることです。けれど、食事制限だけのダイエットの方が顕著に表れます。

もうひとつは偏った食生活です。
油分や糖分を避けたいが為に、体に必要な栄養素まで排除してしまうと、みずみずしい体は維持できません。
油分も糖分も質の良いものを適切に摂取し続けなければ、ダイエットは成功しません。
また、過剰な食事制限は必要な栄養素を摂取できず、結果的にシミやシワを作り出す手伝いをしてしまうことに。
せっかくのダイエットがお肌を老化させる行為になっては台無しですね。

 

お肌を老けさせないダイエット

ひまわりの写真

ならば、お肌を老けないようにダイエットする方法はあるのか?
あります!

お肌がたるむ原因には、皮膚が伸びること、栄養が偏ること、運動不足であることなどがあげられました。
つまり、それらに気を付けてダイエットを行えば、綺麗な状態を維持したまま、もしくは綺麗になりつつ痩せていくことができるということ!

 

太りすぎないように注意!

まずはダイエットを始めるタイミングです。
少し太ってしまったかな~と思うタイミングが来たら、すぐにダイエットを始めましょう。
面倒だから、まだ大丈夫だからと先延ばしにしていると、脂肪細胞は膨らみ、皮膚が伸びていきます。一度大きく伸びてしまったら、その皮膚は美容整形をしない限りはそのままです。
太り過ぎない適正体重を維持することも大切!

 

適切な筋肉をつける!

過度な減食と運動は、ダイエットとは言いません。それでは体を作る栄養が不足し、体にあるエネルギーを消耗するだけ。その結果、急激に落ちた筋肉がたるみの原因に。

お肌をたるませない為には、一定の筋肉量を維持、不足した場合には増加させることです。
筋肉は脂肪よりも簡単に落ちていきます。どんなに運動しても、なかなか落ちていかないのが脂肪です。

無理せず間食を避け、軽い運動を続けていくダイエットで、緩やかに痩せていく方が体にも心にも良いダイエットです。

 

栄養を偏らせない食生活!

思いつく限りの減食から始めようとする人がいますが、間食に関してはそれで問題ありませんが、通常の食事まで『減食』だけの考え方ではかなり危険です。

カロリーを抑えたいからと、油分を含んだ全ての食材を遠ざけてしまうと、お肌を守る皮脂を作り出すことができなくなってしまい、ニキビや吹き出物などのお肌トラブルが続きます。

それに、思い込みで「お肉はダメ!野菜はOK!」なんて思っていませんか?食材に含まれている栄養素が何かも知らず、食事内容を減らしてばかりいては、体は必要な栄養が入ってこなくなり、溜め込む力を増すばかりです。

食事メニューを決める時は、必要な栄養素を見て決めます。必要なカロリー、油分、糖分、ビタミンや鉄分など。
適切な栄養バランスがとれていれば、お肌には潤いが満ちていきます。

 

忘れやすいお顔のダイエット

金髪の女性が両手を顔に添えている写真

ダイエットと言えば、お腹周りや足などに着目していますが、お顔を忘れていませんか?
体重や体のラインばかりに気持ちを奪われがちですが、人と会ってまず見る部分と言えば、お顔です。

お顔にも脂肪はつきますし、体よりもたるみやすい部分です。体重の増減に限らず、加齢によるたるみもどうにかしたいですよね。
たるまないお顔をつくるには、表情筋を鍛え、若々しさを保つことです。

 

発声で鍛える

発声する時の口の形で、お顔の筋肉を鍛えることができます。
大きく「あ、い、う、え、お」の形に口をはっきりと動かし、口回りから頬までの筋肉を鍛えます。
ゆっくり行い、口の形をはっきりと動かすのがコツです。

 

舌回しで鍛える

舌を回すことでもお顔の筋肉を鍛えることができます。
口を閉じた状態で、歯の表面を舐めるように舌を大きく回します。時計回り20回、逆回りで20回をやるだけで結構疲れるので、ほうれい線対策にも効果抜群です。

 

ダイエットに近道なし!

辛い食事制限や運動も、しばらくその生活に慣れてしまうと当たり前の日常です。体に馴染むまでが辛いダイエット生活ですが、馴染んでしまえば、あとはそれを続けていくだけ!

「この薬を飲むだけ」「1日1回だけ」なんて甘い言葉に乗らずに、誘惑に負けない心を持ちましょう。