polir > ライフ is polir > 前に進みたいのに進めないのはどうして?前へ進むためにするべきことは?

前に進みたいのに進めないのはどうして?前へ進むためにするべきことは?

成長したい。夢を叶えたい。理想の自分になりたい。
そう思っているのに、うまく前へ進めず、同じところで足踏みしてしまう自分がいるというあなたへ。
前へ進むために必要なことを、まずはやってみませんか?

目次

 

無理やり進んでも意味はない

現状打破!自分を打ち破る!殻を破って未来を掴み取る!
こういう強気な言葉で前に進むべき時もありますが、大半は無理やり前に進ませようという気概だけでは、無理をしすぎたことによるオーバーヒートで、体や心を壊し、現状を維持するのさえも精一杯という状況に陥ってしまいます。

それは、前に進みたい!と強く思う気持ちがある人ほど、陥りやすい状況です。あなたは大丈夫ですか?

 

前に進めないには理由がある

理想の自分になれない時、やりたい事ができない時、今よりも成長したいのに停滞してしまっている時。そんな時には何らかの進めない理由があるはずです。
その理由を知ろうともせずに前に進むことはできません。

何に悩み、何を障壁と思い、何を恐れているのか。あなたの心と頭の考えていることはいつも一緒ではありません。相違している点を見極めることこそ、困難な状況でも前に進める力になるのです。
まずは、なぜ前に進めないのか、進もうとしていないのかの理由を知りましょう。

 

1.自分にブレーキをかけている

こんな危険な橋は渡れない。
大きな困難が立ちはだかる時ほど、心ではそう強く思っていることがあります。つまり、自分で自分にブレーキをかけている状態です。

頭ではアクセルを踏み込んでいるつもりなのに、実際にはブレーキをぎゅっと踏み込んだ状態。これでは前に進めませんよね。
しかし、そのブレーキこそ、心が抱える問題であったり、困難を推し量ろうとする本能であったりします。それらを無視して進むことは、更なる混乱と困難を招くかもしれないと、心が訴えているのです。

 

2.ブレーキをかけている理由を知る

自分自身の心が前に進むことを拒否していることがわかったら、なぜそうしているのかの理由を知りましょう。

この「なぜ」は人によって様々です。漠然とした見えない未来への恐怖だったり、増えていく人間関係への怖さだったり、触れたことのない分野への恐れだったり、失敗してはいけないという強迫観念だったり。

あなたの心は前に進むことに対して、どう感じていますか?隠していない本当の部分、弱い部分に目を向けて、避けていたはずの理由を知って、認めてください。
そして、その理由は決してひとつとは限りません。様々な状況が絡んでいくのが人生であるように、それに対してブレーキをかける理由も複数絡み合っていることがあります。

 

3.ブレーキの原因を解消する

無理やりではなく、ブレーキをかけている原因を丁寧に解消しましょう。
人間関係が怖いと感じてブレーキをかけていた心に、「それくらい大丈夫!」なんて回答は無意味です。

一緒に仕事をする○○さんは優しい人だから、難しい仕事でも一緒にいて苦にならない。あらかじめ色々な話をして、○○さんの人柄を知っておけば、仕事もしやすくなる。
という風に、ブレーキをかけている原因をきちんと解消する答えを求めましょう。そうすることで、心のブレーキはゆっくりと解消され、前に進む力をくれるはずです。

 

理想も現実もあなたの大切な世界

理想を夢見たあとに現実の自分を見て、その差に愕然としますか?
叶えたい夢を抱いたからこそ、前へ進むその前に、今のありのままの自分を認めていかなければ道なかばで挫折してしまうでしょう。

ずる賢い部分も、ネガティブな部分も、色んな自分がいて今の自分です。丸ごと抱えて夢に向かって進みませんか?
悪いところなら正せばいい。
足りないところは伸ばせばいい。
何も無いから色んなものが持てる今の自分を、脚色せずに認めてみてください。そうしたら、きっとどうしてブレーキをかけていたのかがわかり、どうやって前へ進めばいいのかわかるはずだから。

あなたの可能性はどこまでも広がっています。自分自身で閉ざしてしまうのはもったいないです。
やりたい事は、まずはやってみませんか?一歩踏み出してみると、今までと違った風景が、感覚がみえてきます。