ひとりで空回る人の特徴!当てはまったら要注意!

過酷な状況の時ほど、凄まじいやる気と集中力で困難を解決してしまう超人的な人がいます。自分もそうなれれば、どんな困難にも対処できるのに、と思ったことはありませんか?
そうなりたいと思いつつも、つい空回ってしまう人になっていませんか?

目次

 

空回る人の特徴

何か困難が立ちはだかった時、立ち向かう勇気、やる気は自然と湧いてくるタイプですか?
悩みに立ち止まったまま動けなくなる人もいます。その中で動き出せるのは素晴らしい行動力だといえますね。

けれど、その行動力も空回りしていては、チームで仕事をしている場合には全くの無意味どころか、邪魔者扱いされてしまいかねません。

こんな考えを持つ人ほど、空回りしやすいタイプといえます。あなたは当てはまりますか?

 

1.いち早く成果を求めすぎる

困難を恐れて逃げることはありませんが、困難をいち早く乗り越えたいという気持ちが先行し、過程で行き詰ってしまっても、とにかく突き進もうとします。
問題が解決しなければ進めない道も、その人にとっては力技でぶち破るのみと判断されるようです。

 

2.成功者とまったく同じ行動をする

同じまたは似たような困難を解決した成功者と、まったく同じ行動をとることで解決しようとします。
成功者がいるならば、それをコピーすればいいだけのこと。と楽観視して、現状の細かな違いや、自分が行動した場合の差異を考えません。

けれど、行動する力はあるので果てしなく間違ったまま突き進んでしまいます。いつまで経っても成功しないことに疑問は湧きますが、それがなぜなのか、気が付きません。

 

3.自分と同じ熱量を周囲に求める

周囲と自分の熱量の差を理解できず、ひとりで突っ走ってしまいます。困難が現れた時、自分が困難を打ち破ろうとやる気を出したなら、同じ困難に立ち向かう周囲の人すべても同じようにやる気になるはずと思い込みます。
意識の違いを受け入れられず、周囲の熱はさらに引いてしまう行動をとってしまいがちになります。

 

空回らない為に

空回る人の特徴から、完璧主義で求める理想が高く、周囲は自分が旗を掲げたら自然と同じやる気を持ってついてくるものと信じているような傾向があります。成功を信じて疑わないという精神は素晴らしいですが、一人でできない事を一人で突き進んでも成功はありません。

空回らない為には、一度立ち止まって、問題と課題を書き出し、冷静に乗り越える計画を立てていく時間を持つことです。
恐らく、感覚的に生きている人ほど苦手な分野ではありますが、問題をどう解決していくかの道筋が見えなければ、周囲の誰もがついて行けません。

困難な時ほど、冷静さっを失わないように。深呼吸をして、周囲を見渡してみましょう。
自分には何ができるのか、周囲には何ができる人がいるのか、困難を乗り越える為には何をすべきなのか。落ち着いて考えていけば、必ず答えは見つけ出せます。