polir > ライフ is polir > ダイエット失敗は「飽きた」という感情?!どう回避する?3つの飽き対策

ダイエット失敗は「飽きた」という感情?!どう回避する?3つの飽き対策

ダイエットを長く続けていくと、段々とダイエットそのものに飽きてきてしまうことはありませんか?
その「飽きた」という気持ちは、ダイエットを大きく阻む壁。どうにか対処できないものでしょうか?

目次

 

ダイエットは成功した?

運動、食事制限、筋トレ、ジムなど、様々なダイエット方法が日々生み出されている現代で、今までにどんなダイエット法を実践してきましたか?
口コミで有名になった低糖質ダイエット。
結果にコミットしてくれる専用ジム。
特定の食材を食べない食事制限。
確実に痩せる!と謳われるダイエット方法は、実に数多く存在します。しかし、その全てが全ての人に効果があるわけではありません。

あるダイエット法を試してみたものの、効果は薄々感じられはしたけれど、結局続けることができずに失敗に終わってしまったり、ダイエット自体は成功したものの、その後の生活習慣が完全に元に戻ってしまってリバウンドしたり。
誰もが自分に最適なダイエット方法を探しています。

しかし、ダイエットの成功は、体重や体のサイズが理想値に収まった瞬間だけを言うものではありません。その後も常に体と向き合い、自分を律し続けなければならないのです。
そういう意味で、ダイエットに成功していますか?

 

飽きてしまうことへの対処法

ダイエットで一番の障壁は、自分を変える意識が弱いことです。
命や大切なものが賭けられてしまったダイエットであれば、誰しも諦めることなく成功させることができるでしょう。
しかし、実際のダイエットにはそのような切羽詰まった事情はありません。やるも止めるも、本人の気持ちひとつです。

特に、ダイエット途中の「飽きてしまう」気持ちというものを上手く回避できないと、何度もダイエットに挑んでは失敗するを繰り返してしまうかもしれません。
飽きたという感情は、それだけ人から行動力を奪うものなのです。

この「飽きた」という感情を上手く回避し、ダイエットを成功に導く為、次の3つの対処法を利用してみませんか?

 

1.達成感を得る

いきなり大きな負荷をかけた運動ができないと同じように、ダイエットも段階的に負荷を増やしていきます。そのひとつひとつの段階に達成感を得られるように目標を立てていくと、ダイエット成功という大きな目標の前に、いくつもの達成感を得られるでしょう。
すると、長く険しい道のりでも歩き続けていくことができるようになります。

小さな達成感は目に見える形で残しましょう。
メモやノート、日記などに記録をつけ、どこまで進められているのかが解るようにしておきます。こうすることで、階段を着実に上っている自分をイメージすることができます。

 

2.視覚的な変化をつける

飽きたという感情に一番影響を与えるのは視覚的な変化です。目から入る情報はとても強く、多少の変化でも気分を変えたり、上げたりするには十分です。

いつもと違う場所、違う時間、違うトレーニングメニューなどをいくつか用意しておき、飽きる前に入れ替えます。
ランニングでダイエットをしているならば、走る時間帯を変えるだけでも大きな効果をもたらしてくれるはずです。朝焼けの見える時間帯や夕暮れ時などは、空の変化を見て楽しむことができ、大きな感動も得られるでしょう。

 

3.自分を着飾る

本格的に飽きてきてしまったら、思い切って今の自分を着飾らせてみてください。自宅ファッションショーや実際に着飾って外に出るのもいいですよ。
今できる最大限のオシャレをしてみてください。そして、鏡に映った自分を見てみてください。

そこに見える姿が理想の姿に近付いていれば、今までの自分の努力が積み重ねられたという大きな達成感を得られます。
逆に、まだまだ理想から程遠かったならば、飽きている場合などではないという焦りがダイエットに突き動かしてくれるでしょう。

今の自分を客観的に見るという行為は、ダイエットを成功に導く大きな鍵です。目をそらさず、現状を見つめてみてください。

 

ダイエット以外にも使える!

この対処法3つは、ダイエット以外にも使えます。小さな達成感や変化をつけること、自分の気分を高めてモチベーションを上げる行為は、仕事や家事でも役に立つでしょう。

ルーチンワークになりやすいものほど、人は飽きてしまいやすいです。毎日行う同じ行動は、あっという間に手を抜き、やる回数が減り、いずれはやらなくなってしまうこともありますよね。
やらなくてもいい事であればいいのですが、それでもやらなければならない事だと、再び重い腰をあげるのは大変です。

そんな時は、この3つの対処法を上手く利用してみてください。気分を変える程度のちょっとした変化があることで、驚くほどすんなりとやり遂げられてしまうこともあります。

人生という貴重な時間を無駄にしない為に、少しの変化で面白くない事を面白くしてみませんか?そんな変化は、あなたのすぐ近くにあります。