polir > ライフ is polir > 夏向けベビーパウダーの裏技!メイクに!靴擦れ防止に!汗対策に!

夏向けベビーパウダーの裏技!メイクに!靴擦れ防止に!汗対策に!

夏のお出かけの際には、ベビーパウダーで夏のイライラを予防して出かけませんか?
お顔にもボディにも使える万能ベビーパウダーを使って、夏を楽しみましょう!

目次

 

ベビーパウダーとは?

タルクやコーンスターチなどを原材料としたお肌をさらさらにしてくれるパウダーです。名前のとおり、赤ちゃんに使うことを考えて作り出された優しいパウダーですので、大人の敏感肌さんにも安心して使えます。

主な使い方は、あせも、かぶれ、ただれなどの予防です。微細なパウダーで摩擦を減らし、関節などに残りやすい汗の蒸発を促す作用があります。
けれど、ベビーパウダーは赤ちゃん専用というわけではありません。大人にも使える万能パウダーなのです!

 

1.メイク崩れ防止

メイクが終わった後に、最後の仕上げとして使います。ベビーパウダーを最後にのせると、汗や皮脂によるメイク崩れの予防になります。

ベビーパウダーには乾燥させる成分が配合されているわけではありませんが、ある程度の皮脂を吸収してくれるので、皮脂防止にも役立ちます。

 

2.ベタつき防止

首回りや脇の下、足などボディ全体に使って、ベタつきを防止するのもアリです。夏は特に汗をかいて、体がベタベタする気持ち悪さがありますね。滝のような汗でない限り、ベビーパウダーが汗の蒸発を促して、さらっとしたお肌をキープしてくれます。

 

3.靴擦れ防止

摩擦を減らすベビーパウダーの有効な使い方として、靴擦れ防止はおすすめです。カカトや指の間にも付けておくと、一日歩いても靴擦れしにくくなります。
足の裏もさらさらな状態が続くので、足汗をかきやすいという人ほどおすすめしたい使い方です。

 

ベビーパウダーの使い方のコツ!

全身どこにでも使えるベビーパウダーですが、場所ごとに付け方のコツがあります。
最大限の効果を引き出す付け方で、夏のイライラを予防して、楽しい一日を過ごしてみませんか?

お顔に

お顔に付ける時は、ふんわりしたフェイスブラシがおすすめです。メイクがヨレないように優しく下から上に向けてベビーパウダーを付けていきます。

通常のフェイスパウダーと違ってラメが無いので、お顔全体に付けてもメイクの印象を変えません。まさに万能!
ただし、乾燥肌さんの人は、付ける量や場所に注意が必要です。大量に付けるとお肌を乾燥させてしまいます。また、目尻や口元などは乾燥しやすいので、付ける量を調整します。

ボディに

ボディに付ける時は、広範囲を一気に付けることができるパフや手がおすすめです。汗をかきやすい脇や胸元、首回りなどはさらっと流すように付けます。足の指やカカトには、手でしっかり塗り込むと効果的です。

付けすぎてしまった場合は、パフでぽんぽんと軽く叩くように払うか、ブラシで軽く払い落します。

 

発がん性物質なの?

ベビーパウダーで有名なジョンソン・エンド・ジョンソンは、アメリカで長年に渡って訴訟を起こされています。それは、ベビーパウダーに発がん性物質であるアスベストがごく微量ながら混入していたとされる問題です。

結論から言うと、とあるECサイトで販売されていたベビーパウダーから検出されたようですが、生産工場内での製品テストではアスベストは検出されませんでした。
しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンは2020年5月にアメリカとカナダでタルクを原料とするベビーパウダーの販売中止を決定しています。

検査の結果では発がん性物質は混入していないし、含まれるものではないと証明し、安全性を訴えましたが、世論や訴訟の多さから販売は中止するという決断に至ったということのようです。
現在流通しているベビーパウダーは回収せず、そのまま販売を続ける方針であると発表しています。

ベビーパウダーは安全だと言われていますが、気になる人はタルクを使わないベビーパウダーを選ぶといいですね。商品によっては、美容成分を配合するなどして、差別化を図っています。自分に必要な成分をぜひ選んでみてください。

ジョンソン・エンド・ジョンソン


ピジョン


和光堂