polir > ライフ is polir > 心の健康を考えよう!疲れはじめた時にやるべき回復術!

心の健康を考えよう!疲れはじめた時にやるべき回復術!

なんだか辛い。疲れた感じがする。気力が湧かない。
こんな風に感じる時はありませんか?実は、気が付かないうちに、心に疲れを溜め込んでいる状態に陥っているかもしれませんよ。

目次

 

心が疲れるとどうなるの?

体の疲れと違い、心の疲れは認識しづらいという特性があります。理由もなく不調が続いているという時ほど、心は疲れているものです。
しかし、それを認めずに心に疲れを溜め込んだままでいると、体は動かしづらくなり、気力が湧かなくなり、すべてに投げやりな態度をとってしまうこともあります。更に悪化させていってしまえば、うつ状態になることも。

心の疲れと侮ってはいけません。体と同じく、メンテナンスが必要だと認識を改めましょう。

 

疲れを溜め込みやすい人とは?

同じようなストレスを受けても、ほとんんど疲れないタイプと疲れを溜め込みやすいタイプがあります。
以下は疲れを溜め込みやすいタイプの特徴です。あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 責任感が強い
  • 1人で頑張りすぎてしまう
  • 自分より周りを優先することが多い
  • 本音を話せる人がいない

これらに当てはまる数が多い人ほど、無意識に疲れを溜め込み、気が付いた時にはパンクしている状態に陥ってしまいやすいタイプです。
パンクしてからでは、心が正常な状態まで回復するには長い時間を要します。あなたの大切な人生の時間を、闘病という時間で削ってしまうのはもったいないと思いませんか?
日々のストレスから心を回復させる術を覚え、豊かな人生の時間を増やしていきましょう。

 

心の回復術!

では、疲れはじめた時に行うべき回復術をご紹介します。ひとつでも多く取り入れ、心と体の疲れを流し去ってみましょう。
疲れが取れれば、あなたの本来の力を発揮する準備が整います!今までは難しかった事が、いとも簡単に行える瞬間を味わえるかもしれません。心に力が満ちているという状態には、それだけの力があるのです。

 

夜に考えることを止める

夜の思考はとても危険です。マイナス方向へと進みやすく、落ち込み、それが心に刷り込まれてしまうと回復が難しいところまで落ち込んでしまうからです。

夜はとにかく考えることを止めましょう。特に決断をしなければならない事は、考えてはいけません。
考えるべき事があるならば、よく眠った翌朝に、すっきりした頭で考え直してみてください。きっと夜に考え続けるよりも良い案が浮かんでくるはずです。

 

体をほぐす

体が緊張状態だと、休めるものも休めません。それを解消するには、ストレッチやマッサージをしてみましょう。

体の硬くなった関節、筋肉をほぐすと、驚くほどリラックス効果を得られます。お風呂上りなど、体が温まっている時に行うとより効果的です。
ゆっくりと体を伸ばし、ほぐし、その日の緊張を忘れ去るようにストレッチやマッサージを行ってみてください。

 

よく眠る

質の良い睡眠は、疲労回復には最高の回復術です。よく眠る為に、寝る前の行動から注意を払ってみましょう。

寝る直前までスマホやパソコンを見ていませんか?ぼんやりニュース記事を見ているだけでも、脳を活性化させ、質の良い睡眠を邪魔します。
お風呂ではしっかりと湯舟に浸かって体をリラックスさせ、入眠時間の1~2時間前に済ませておきましょう。そうすると、深部体温が下がって眠りにつきやすくなります。
寝る部屋はできるだけ暗くし、ひたすらリラックスします。何も考える必要はありません。ただゆっくりとするだけの時間を楽しんでください。

 

本音を話せる人との時間を持つ

きついな。苦しいな。そう感じていたら、疲れがかなり溜まってきているサインです。パンクしてしまう前に、本音を話せる人との時間を持ちましょう。

グチを言うのもよし、楽しく会話するのもよし。本音を話せる人との時間は、向かい合って話しているだけで十分に心を癒してくれます。一緒にいて楽しいと思える時間を十分に感じましょう。

周囲に気を遣わずに話す為に、個室のあるレストランや自宅にするなどの工夫があると、より一層楽しい時間が過ごせます。

 

疲れは溜まるもの

どんなにコミュニケーション能力の高い人でも、対人関係は疲れが溜まるものです。自分だけがおかしいとは思わないで。誰に言わなくても、誰だって人付き合いに大小の疲れを感じています。あなたの感じている疲れは、間違ったものではありません。

どんなに疲れても、誰かとの時間を過ごすのは楽しくもあります。その時間を心から楽しむには、心の疲れを回復する時間が必要です。

あなたが過ごす時間が、1秒でも長く楽しいものでありますように。