polir > ライフ is polir > 香りで体と心を整え癒す。香りがもたらす効果とは?

香りで体と心を整え癒す。香りがもたらす効果とは?

専門のお店や商品ができるほど、香りという分野は私達の生活になくてはならない存在になりました。日常に使われる用品から、ちょっとしたプレゼントにまで幅広く使われる香り。
ただ好きな香りを嗅いで、体と心を癒しませんか?

目次

 

香りがもたらす効果

鼻や皮膚から鎮痛や抗炎症、果ては癒しの効果まで取り入れることのできる香り。今や様々なものに香りがつけられています。
ただ華やかになるという為だけではなく、香りは私達の体や心にまでも影響を及ぼし、疲労軽減やリラックスする時間を与えてくれます。

日常のほんのひと時、入浴時や眠る前の数分間、たったそれだけの時間を、自分を癒す為に使ってみませんか?香りはその為のお手伝いをしてくれます。自分ではほぐれなかった緊張が、ストレスが取り払われ、落ち着いた心に戻してくれます。

 

癒されたい時の香りは?

日々の仕事に家事に人間関係に、疲れた時の香りといえば、癒しのラベンダーやカモミールなどが有名ですね。
けれど、その香りに限定してしまうことはないのです。

今の疲れを癒すのに効果がある香りを探すより、香りを嗅いでみて、一番惹かれたものを選んでみてください。
体も心も、本来はとても正直です。必要なもの、取り入れてほしいものを感じとって教えてくれます。
体と心が欲しがるままに、好きな香りに包まれて休みましょう。

 

どうやって取り入れたらいい?

効果的に、より香り高くなどではなく、好きな香りを好きなように楽しむことが大切です。
香りの出し方ひとつで、同じ香りでも印象は変わります。好きな香りを好きな方法で生活に取り入れてください。ほんのひと時の華やかな時間、癒しの時間、くつろぎの時間を与えてくれるはずです。

お風呂に一滴 アロマオイル

代表的な使い方のひとつにある浴槽へアロマオイルを入れる方法です。お湯の熱で香りを感じやすく、またお風呂というリラックス空間で使うことでの相乗効果が期待できます。
換気もしやすい為、毎日違うアロマを試すこともできる方法です。

部屋中を香りで満たす アロマディフューザー

加湿器や空気清浄機と一緒になっているものも多く、部屋中に香りを満たせる方法です。
外出前にセットしておくと、帰宅後すぐに好きな香りに包まれます。その幸福感は、心身ともにリラックスできること間違いありません。
火を使わないこの方法は、消し忘れも怖くないですね。

部分だけに使える ミスト

枕やクッションなどの部分にだけ香りをつけたい時は、ミストがおすすめです。スプレーボトルに入れておけば、いつでも簡単に香りをのせることができます。
また、洗濯することで香りは落ちるので、気分で香りを変えることも簡単です。

ゆらめく炎にも癒される アロマキャンドル

焚火の炎のゆらめきは、癒しの効果をもたらします。それと同じくアロマキャンドルは香りとともに、目からも癒しを得ることができる方法です。
キャンドルを机や床に直置きは危険です。何か台になるものを挟んで使ってください。

香りを持ち歩く ポプリ

ドライフラワーなどと一緒にエッセンシャルオイルを小瓶などに入れたものです。見た目にも可愛らしくインテリアとしても使えます。
小さな袋に入れると持ち歩きもできるので、好きな香りをいつでも楽しめます。持ち歩きの時には、ポプリの小袋をハンカチに挟んでおくと、ハンカチに香りが移り、小袋を人前に出すことなく香りを楽しめます。

 

香りと効果一覧

香りの効果はそれぞれですが、ひとつの効果しか持たないというわけではありません。そして、香りは記憶とも強い結びつきがあります。
記憶の中にある優しい香りに包まれると、それだけで心がほぐされるという経験はありませんか?

次の一覧はあくまでも参考です。この香りだからストレスが緩和される、必ず眠れるというものはひとつもありません。そのような効果をもたらす作用があるというだけで、気に入らない香りというものもあるでしょう。

大切なことは、好きな香りで癒されるということ。効果に執着せず、その時に必要とした香りを求めるようにしてみましょう。

ストレスや緊張の緩和

ラベンダー、ローズウッド、ジャスミン、ネロリ

気分を前向きにしたい

ジャスミン、イランイラン、ベルガモット

眠りやすくしたい

ラベンダー、カモミール、ユズ、ネロリ

心を落ち着かせたい

ゼラニウム、ペパーミント、カモミール、ジンジャー、サンダルウッド

 

好きな香りの見つけ方

香りには種類があり、その膨大な種類に何を選んでいいのかわからなくなる人も多いです。
けれど、安心してください。好きな香りを見つけるとても簡単な方法がひとつあります。

いくつも試してみること。これが一番です。
効果を見定めて購入する人もいますが、その際にも必ず香りを試してみることをおすすめします。欲しい効果であったとしても、その香りが必ずしも自分が受け入れられる香りとは限りません。

また、商品によって香り方は様々です。お香だと粉っぽかったり、煙たかったりします。オイルだと濃厚に感じやすくなります。好きな香りを好きな方法で選んでみてください。きっと一番欲しい香りが見つけられるはずです。