polir > ライフ is polir > 「ありがとう」にひと言添えてみよう。感謝の気持ちを全部伝えたい

「ありがとう」にひと言添えてみよう。感謝の気持ちを全部伝えたい

人に感謝の気持ちを表す時には、「ありがとう」と伝えますよね。その言葉だけでも素敵ですが、さらにひと言を添えると、もっと気持ちが伝わりやすくなります。
ありがとうにプラスのひと言、添えてみませんか?

目次

 

「ありがとう」だけでは伝わらない気持ち

心の中に生まれた気持ちを、相手にうまく伝えようとするものの、同じ言語を利用しても100%伝えきることはとても難しいことです。
気持ちや言葉の感じ方は人それぞれ。その個性の差が、言葉では埋められない溝をつくっています。

誰かがあなたに何かをしてくれた時、あなたが誰かに何かをしてあげた時、軽い口調で「ありがとう」とだけ伝えたら、生まれた感謝の気持ちは100%伝わるでしょうか?

言葉はお互いを理解するのに必要なツールではありますが、万能ではありません。同じ言語を話す者同士であっても、考え方、言い方、タイミングなどの違いから、誤解を生んでしまうことも少なくはありません。

 

プラスの気持ちこそ伝えよう

言葉は言霊ともいい、形にするだけで力があるものとして考えられてきました。そして、現代でもその力はあるものだという考えが主流です。

プラスの気持ちこそ、形にして、声にして、相手にきちんと届けませんか?気持ちが届くことで、お互いの印象が変わって見えることもあります。
それは、マイナスの言葉を吐き出すことよりも大切なことです。

 

「ありがとう」にひと言添える

そこで、感謝の気持ちを表す「ありがとう」という言葉に、ひと言を添えてみませんか?
何に感謝をしているのかを伝えると、相手は何が感謝された言動なのかを明確にし、自分の行いが受け入れられ、認められたという達成感、充足感に満たされます。
そして、自分が何に感謝しているのかを明確に伝えることができ、相手との認識の差が埋まります。

いつもありがとう。
助けてくれてありがとう。
傍にいてくれてありがとう。
好きになってくれてありがとう。

感謝の言葉にひと言添えるだけで、こんなにも気持ちを伝えやすくなります。難しいことではありません。あなたが何に感謝をしているのかを、はっきりと言い表すだけです。
口にするのが恥ずかしいならば、一筆箋やミニレターに書いて渡してみてください。口にするよりもさらに思いが伝わるかもしれませんよ。

 

お互いの心をクリーンにしてくれる言葉

言葉には大きな力があります。傷つけ、心を砕いてしまうほどの力もあれば、傷を癒し、浄化してくれる力も。
その力を発揮させてくれるのは、言葉に含まれるあなたの気持ちです。

プラスの気持ちでプラスの言葉を。感謝にはひと言を添えてみてほしい。きっといつもよりも相手の心に届くから。