polir > ライフ is polir > 自分らしくいられる居場所はある?複数のコミュニティで自分らしく生きよう!

自分らしくいられる居場所はある?複数のコミュニティで自分らしく生きよう!

人は、家庭や職場、友人関係など、その時々で自分らしくいられる複数のコミュニティを持っています。
あなたはいくつのコミュニティを持っていますか?

目次

 

複数のコミュニティを持つメリット

コミュニティは人の集まり、小さな集団です。そこには、同じ考えを持つ人や同じ立場の人が集まり、そのコミュニティならではの情報も集まってきます。コミュニティに所属するということは、単に人付き合いというだけではない側面もある為、逃げるに逃げられないコミュニティというものも存在しますね。

その中でも、大切にしていきたいコミュニティは「自分らしく居られる」コミュニティの存在です。

自分らしくとは、どのようなものでしょうか?気取らないでいられる、作り笑いをしなくてもいい、自分を演じる必要がないなどでしょうか。
けれど、いくつものコミュニティに所属することは、それだけ人付き合いが増えるということ。気疲れするかもしれないと危惧してしまいそうですが、複数のコミュニティに所属することには、いくつものメリットがあります。

 

ひとつに依存しない

例えば、専業主婦となった女性のコミュニティは非常に狭くなりやすいです。乳児期の子供がいれば、外に出る機会は減り、家庭だけが唯一のコミュニティとなります。そうなった場合、会話ができるのは家族だけです。

コミュニティの数が少なくなると、「このコミュニティを排除されたら生きていけない!」という思いから、コミュニティで発言力のある人の言いなりになってしまったり、逆に甘えすぎて困らせたりしてしまいます。

適度に寄り添い、適度に離れることができる。人の関係は常に同じではありません。その時々で調整しながらお互いの関係を保っています。
複数のコミュニティを持つことは、ひとつのコミュニティに依存しないという強みを得られるのです。

 

その他のコミュニティで癒される、支えてもらえる

職場や地域の人付き合いなど、望んではいないけれど逃れられない為に穏便な関係でいたいコミュニティはありますよね。そういったコミュニティでは、様々なストレスに晒されやすくなります。
断れない頼み事や立場が上の人からの仕事の押し付けなど、考えるだけでも胃が重くなりますね。

ひとつのコミュニティで疲れ切ってしまっても、健全な他のコミュニティに行けば、優しく迎えてもらえます。頑張ったことを認め、大変だったと労ってもらうことは、ストレス解消の大きな一助です。

また、強いプレッシャーを感じた時などにも、応援してくれる人がいるというだけで力が湧いてくることはありませんか?コミュニティには、そんな素敵な力もあるのです。

 

自分らしくいられる場が増える

完全に1人きりにならない限り、気を遣わずに素で居るということは難しいものです。どんなに気心の知れている人でも、そんな人だからこそ大切にしたいという思いから、気を遣うこともあります。
ただ、それが常に続いてしまうと疲れてしまいますよね。

時には大はしゃぎして、時には規律の中で自分を律し、時には楽しく笑い合う。自分らしく居られる場所というのは、その時々の自分自身のメンタルによって変化します。
その時の自分に合った楽になれる居場所があると、それだけで心にゆとりを持てるようになります。

 

新しい情報を見聞きしやすくなる

特定の情報は、それを得ようとアンテナを張っている人達の場所にしか集まりません。特に最新の情報となると、ひとつのコミュニティに所属しているだけでは得にくいものです。

様々なコミュニティに所属していると、様々な情報に触れる機会が増えていきます。その情報を他で活用することもでき、凝り固まった考えからの脱却にはちょうどいい刺激になるでしょう。

 

自分らしく生きる場所

どこでどんな風に生きていくか。ただ流れに乗っているだけでは、自分らしさは磨かれることはありません。
あなた自身がどうしたいのか、どう生きたいのか、何をしたいのか。楽しく生きていく為に、自分らしくいる為に考えていかなくては、始まりません。

自分にはどこが合うのか、と深く考える前に、気になるコミュニティには参加してみることをおすすめします。なぜなら、どんな場所も踏み込んでみなければ外側からは見えないものがあるからです。

自分らしく、楽しく生きる為の場所を、自分の力で見つけていきましょう。