polir > ライフ is polir > 新しい年、新しい自分への準備!理想の自分になる為にやっておく5つのポイント

新しい年、新しい自分への準備!理想の自分になる為にやっておく5つのポイント

一年の終わりが近づき、緩やかに気持ちにも変化が訪れようとしているのではないでしょうか。
頑張った一年間。疲れ果ててしまった一年間。365日を生き抜いて、新しい次の一年には新しい自分に、理想の自分になりませんか?
その為に、今の内にやっておくべき5つの準備をご紹介します。

目次

 

変化するのは簡単ではない

歳を重ねていくごとに、未来に不安を感じやすくなりますね。この先にどうなっていくのか、悪いことが起きないだろうかなど、人は最悪の事態を考えます。それに対して回避できないかなど、考えは悪い方に偏る傾向があります。
そんな不安、感じたことはありませんか?

その不安の原因は、自分は変わりたくないのに周りがどんどん変化していくからです。取り残されていく不安。自分だけが置いてきぼりの不安。変化する為にどうしていいかわからない不安。そんな不安が、心を蝕みます。
それなのに、人は変化を嫌います。変化しなければいけないギリギリまで、人によってはダメになってしまうまで、変化することを拒否してしまいます。
人は安定を求める生き物です。だからこそ、自分を変えるということは簡単ではないのです。

それでも、変化しなければ自由には生きられません。好きなものに触れ、やりたい事をやり、理想の自分になるには、自らに成長という変化をさせなければ叶えられないことです。
そろそろと今年が終わろうとしています。新しい年の幕開けには、理想の自分になる為の、理想の未来を得る為の準備をしていきませんか?

これからご紹介するのは、行動する前の準備です。準備が面倒で動き出せないというのは、一度は体験したことがあるのではないでしょうか。準備さえ整っていれば、あとは走り出すだけです。新しい年に向けて、走り出す為の5つの準備をご紹介します。

 

1.本当にやりたい事、願いをピックアップする

何がやりたいんだろう?何が好きなんだろう?誰にも忖度せず、好きなものを好きと言えるのなら、あなたは何を好きと言い、何をやりたいですか?

意外と、素直な気持ちを吐き出せる人は多くありません。周囲の人に悪く言われないように、バカにされないように、本当に好きなもの・やりたい事は誰にも言わずにひっそりと心の中にだけ置いておきます。
けれど、それでは自分自身でさえも本当に好きなもの・やりたい事を忘れ去ってしまいます。

見開きのノートや大きな紙を用意し、そこに書き出しましょう。そして、何度も何度も自分に質問してください。
好きなもの、やりたい事、叶えたい願いは何ですか?
いくつでもあげてください。いくつもいくつも書き出した中に、本当にやりたい事や願いが見えてきます。今まで隠し続けてきた人ほど、自分の本当の好きなものに気が付くのには時間がかかるでしょう。時間をかけてでも、本当に好きなものに気が付いてください。

 

2.小さなスタートと小さなゴールを用意する

あなたが本当にやりたい事、好きなもの、叶えたい願いが書き出せたら、次はそれらを目標にしていきます。
最終目標は上記で書き出したものです。次にやるのは、最終目標に至る為の小さなステップを作っていきます。

実は、最終目標だけを掲げる計画は、大半の場合が計画しただけで終わってしまいます。その原因は、途中経過をどうすればいいのかわからない、どこまで目標に近付けているかわからないからです。

理想の自分になる為の計画、好きなものをやる為の計画。せっかくの楽しい計画を、計画だけで終わらせない為に、小さなスタートとゴールを作りましょう。

例えば、知識ゼロから英語を話せるようにする目標を掲げた場合です。
1.基礎英単語100語を暗記
2.字幕に頼らず映画を観る
3.アプリなどを使って英語圏の人と1日30分の会話をしてみる
このような段階を経て、最終的に英語での日常会話ができるよう計画を立てます。小さなスタートとゴールを繰り返すことで、達成感や満足感を得られ、遠くにある最終目標に辿り着くまでのやる気が得られます。

 

3.好みの手帳に書き込む

計画しても忘れてしまう。そんな事もよくあることです。忘れない為には、常に計画の存在を知らしめてくれるものを手元に置いておくことが一番です。

部屋の壁に計画表を貼るのもいいですが、外での活動がある場合は手帳がおすすめです。好みの手帳を購入し、1、2で上げた最終目標と小さなスタートとゴールを書き込みましょう。
いつスタートし、いつまでにゴールするかを書き込むと、やるべき事が整理され、どうすればいいかわからないという漠然とした不安は薄らいでいきます。

また、好みの手帳に書き込むことで、モチベーションは自然とアップします。いつでも手に取り、中身を目に焼き付けましょう。

 

4.今すぐ行動できるものはやってしまう

新しい年に向けての準備ですが、今すぐできるものがあれば行動を起こしてしまいましょう。
例えば、資格を取る為の講座受講申し込みやテキストの購入、スポーツをはじめるなら、ウエア購入やそのスポーツができる場所に実際に行って確認するなどです。

計画の前倒しではありますが、前もって準備をしておくことで、新しい年の幕開けには心の準備が整うはず。あとは走り出すだけならば、新しい事をはじめるのはとても簡単になります。

 

5.できなかった自分を許す

計画を立てると、なんだか苦しく感じてしまう人もいますよね。自分で自分の首を絞めていくような、外堀を埋めてしまったような息苦しさを。
それは、失敗したり、うまく出来なかった時の自分を無意識に想像してしまっているからではないでしょうか。

ここまで計画を立てて準備をしても、行動できなかったら?失敗してしまったら?難題を解決できなかったら?全部が無駄になってしまうかもしれない…
そんな不安が、これから行動する自分を止めようとしています。けれど、それは失敗した自分を許してはいけない、成功させなければいけないと思うからこそ感じる不安です。

ならば、失敗した自分を許せるようになりましょう。
長い道のりの計画です。途中で計画がうまく進められなくなったり、何度も失敗したり、難題にぶつかってしまったりすることはあります。例えそうなったとしても、その時にできなかった自分を許してあげましょう。
計画は何度だって練り直せます。長期計画では、途中で何度も練り直すのは当たり前のことです。ひとつやふたつの失敗くらい、何の問題でもありません。そういう心構えで始めましょう。

 

成功も失敗も目標到達の為のステップ

計画をスタートさせて、スムーズに進む時もあれば、思い通りにいかない時もあるでしょう。そんな成功や失敗すべて、最終目標に到達する為のステップでしかありません。
途中の失敗があったからこそ、失敗することを学べたのです。
すんなり成功できたのは、変化に応じて計画を見直したからこそです。
何かにつまづいたからダメなのではありません。何事もなく成功したから凄いわけではありません。どのような道のりであっても、自分で考え、最終目標に到達することが目的です。誰かと同じ道のりでなくても、あなたの道のりを歩いていく覚悟を決めましょう。