自分を知ると幸せになれるのはナゼ?知ろうとしないと分からない自分自身のこと

 

幸せは人によって違う

何をすると楽しいか。何が嫌いか、苦手か。それは人によって違います。運動するのが好きな人もいれば、部屋でゆっくりお茶しているのが好きな人もいます。人それぞれ違うのに、求める幸せがみんな同じなわけがありませんよね。

自分に合った自分好みの幸せが何か。それを知らなければ、ずっと他人の幸せと同じものを得ようと、間違った方向に頑張り続けてしまいます。
自分を知り、自分が幸せと感じられるものを知り、どうしたら幸せでいられるかを知って、やっと自分の幸せな環境を整えることができるようになります。

あなたは自分自身のことを、どこまで知っていますか?次の3つの質問で、自分自身をもっとよく知ってみませんか?

 

1.何が好き?何が嫌い?

好きなもの嫌いなものを、はっきりと言えますか?
人は自分のことになると、はっきりと言い切れない部分が出てきます。何が好きで何が嫌いか。特に「嫌い」という感情は口にしてはいけない悪い感情だと思っている人ほど、嫌いなものをあげられません。
けれど、自分を知るには好き嫌いの線引きは重要です。

紙に好き嫌いを書き出し、そして好きなものと嫌いなものがどれだけ自分の周りにあるか確認してみてください。嫌いなものが多い場合、嫌いなものを捨てて好きなものを増やしていきましょう。

 

2.見栄を張ってない?

好きなものを明確にした時に、ここにはまだ余分なものが含まれている可能性があります。
それは、見栄の為のものです。

人に良く見られたい。という欲求は、自分が本当にやりたい事なのかという判断を狂わせます。判断する指針が、他人からの評価だからです。

例えば、羨望のまなざしで見られたくて高価な物ばかりを身に着けると、本当に自分が欲しい物は買えなくなります。買い物をする基準が「他人から見て羨ましがられるものかどうか」になるからです。
けれど、一時的にでも心は満たされるので気が付きにくいという点があります。

本当に自分が欲している好きなものなのか、他人からの評価を良くしたい為のものなのか。今一度、好きなものを洗い出してみましょう。

 

3.世界が窮屈に感じる?

世界は広いようで狭いと感じていますか?
普段の生活を息苦しい思いをしていますか?
もしそうなら、今いる世界はあなたが幸せを感じられない場所です。

大人になってからの行動範囲は、人によって大きく異なります。けれど、多くの大人は仕事場と自宅との往復になりがちです。この2点の往復を長く続けていると、小さな世界だけで自分を認めてくれる・満たしてくれるものを探すようになります。ただ、小さな世界の中だけでは、難しいことです。

今いる世界では居場所が無いと感じていたら、少し違う世界に飛び出してみましょう。今の自分とは違う考えをする人がいて、今とは違う生活パターンがあって。それは大きな刺激になるはずです。
引っ越しや転職、新たな趣味や少し長い旅行に出るのもいいですね。もしかしたら、そこにも「あなたの好き」があるかもしれません。

 

今とは違う自分はいる

成長することは、挑戦と失敗と成功の繰り返し。子供の頃には簡単にできた挑戦と失敗も、大人になると失敗が怖くて挑戦することすらできなくなってしまいます。もしくは、挑戦する為に長い準備期間を要することもありますね。
けれど、時間は有限です。いつまでも準備期間でいることはできません。

挑戦するのは怖いと思うでしょうが、挑戦してみなければ幸せには辿り着けません。好き嫌いを知るのも、試してみなければわからないと同じ。
自分自身を幸せにする為に、今の自分自身のことを知ってみませんか?