エナジーバンパイアから逃げよう!あなたをダメにする人は確実にいる!

エナジーバンパイアに出会ったことはありますか?
それは、あなたの人生を食い潰そうとする悪魔のような特徴を持った人のことです。まるでバンパイアのように吸い付くしていくエナジーバンパイアに会ってしまったら、有効な対処法で逃げ切りましょう。

目次

 

エナジーバンパイアとは

頼っているという態度で他人に何でもしてもらおうとする人、自分の都合しか考えずに他人を振り回す人、つまり人に依存しないと生きていけない人のことを言います。いわゆる「かまってちゃん」も同類ですね。
エナジー=気力、やる気、体力、財力など
バンパイア=吸う、奪うなど

言葉のとおり、エナジーバンパイアは自分以外の他人から、自分が欲しいと思う反応や物を得ようとする人です。何でもかんでも他人任せなのに、自分の希望するものが手に入れられるまで離れないしつこさもあります。手に入れる為に、相手がどれだけ疲弊しようと身を削ろうと関係ありません。

こういう人に出会い、気に入られてしまうと非常に厄介です。自分の生活を他人に依存するので、何をするにも一緒に行動し、欲しい物を手に入れるまで離れていかないのですから。
しつこい人への対応が面倒になって、とりあえず大人しくしてもらおうと欲している物を与えてしまうこともあるでしょう。けれど、それこそがエナジーバンパイアの思うつぼです。

エナジーバンパイアに気に入られてしまったら、時間も精神力もお金も全てが吸い付くされるまで離れていきません。そんな相手にどう対処したら穏便に逃げることができるのか、有効な3つの対処法をご紹介します。

 

対処法1:近付かない

物理的に距離をとることは非常に有効です。
エナジーバンパイアといっても、人間です。物理的な距離が離れてしまえば追いかけづらくなり、そしてあなたも気に掛けることがなくなります。

エナジーバンパイアの特徴として、「困っている風に見せる」ことが非常に上手く、心優しい人が手を差し伸べてくれるのを待ち構えています。優しい人ほど困っている人を放ってはおけないという性格を熟知しているからこその罠ですね。

この罠に引っかかってしまうと、後が非常に面倒です。一度や二度は助けても、「これはおかしい」と思った瞬間に距離をとりましょう。そうすることで、それ以上の搾取から逃げることができます。
誰かの困っている姿が視界に入っているのに手を差し伸べないというプレッシャーからも逃れられるので、距離をとることは一番有効な対処法です。

 

対処法2:相手の気に入る反応をしない

エナジーバンパイアはとにかく周囲から声をかけられることを待つタイプが多いです。その為、困っている・悩んでいるから助けてほしいというパフォーマンスを繰り返します。
例えば、「困ったな~」や「どうしよう。どうしよう」と独り言をつぶやいたり、周囲の目に入りやすい場所で大袈裟に声を上げてみたりなどです。あなたの近くにそういった行動をとる人はいますか?

エナジーバンパイアが気に入る反応は、「困っているなら手伝うよ」や「手伝いしようか?」などの救いの手を差し伸べる反応です。これらの反応をすることで、言葉巧みに相手の逃げ道を奪い、エナジーバンパイアが望む物を差し出すまで離れてはいきません。

そこで、まずは声をかけないという選択です。無視するわけではないですが、自分のことで忙しい人は誰かを助けている暇はありませんよね。そういう気持ちでエナジーバンパイアのパフォーマンスを見てみぬふりをします。
声をかけてもらわないと始まらないので、こちらも有効な方法のひとつです。ただし、自分から声をかけにいくエナジーバンパイアもいるので、確実に逃げる為には断らなくてはなりません。

 

対処法3:間違いは間違いと告げる

エナジーバンパイアの要望は、何度も繰り返す内にどんどん質も量も増えていきます。最初はほんのちょっとしたお願い事だったはずが、数週間もすると仕事を丸投げにされていたり、手伝ってあげないことを不誠実だと言いまわったりします。
これでは助けようという気も起きなくなるのですが、エナジーバンパイアの多くは口が上手いです。あなたの周りの人達を上手く言いくるめ、あなたが悪いように印象付け、逃げ道を奪います。

対エナジーバンパイアの対応だけでも大変なのに、外堀まで埋められてしまうとより辛い状況になってしまいますよね。だから、間違いは間違いと正論で正します。
エナジーバンパイアのお願い事は、よくよく聞いてみるととてもワガママです。誰だってワガママな部分はありますが、度を越えてのワガママであることの方が多いので、エナジーバンパイアからのお願い事が正しい内容なのかを、今一度考え、間違っていることには間違っていると相手に突きつけます。

そんな事をすればエナジーバンパイアとの口論に発展してしまいますが、そもそも間違った事をしているのはエナジーバンパイアの方です。あなたの正論と多くの観衆がいれば、エナジーバンパイアは何もせずに去っていくでしょう。

けれど、人前でそんな言い争いはしたくない・できないという人には、厳しい対処法でもありますね。心優しい人ならば余計に他人の間違いは指摘しづらいものです。

 

誰でもなる可能性がある

全力で他力本願であることがエナジーバンパイアの本質ですが、そういった気持ちになることは、一時的ではあっても誰にでもなる可能性があります。
疲れ切ってしまった時、自分では自分を満たせない時、絶望した時など。そういった時には、自然と自分を満たしてくれる人に吸い寄せられて行くものです。

誰だって自分を救い上げられない時があり、そして誰かを救い上げる時があります。ただ、その期間や回数が偏りすぎては、エナジーバンパイアと言われてしまっても仕方がないことですよね。
自分を助けてくれた人を困らせることは、本望ではないはずです。

時には、ほんの少し寄り添って支えてもらうことがあってもいい。支えてくれたその人が、または他の誰かが疲れた時には寄り添って支えてあげればいい。
そういう優しい関係になれたら。それが一番幸せですね。