手放す勇気、問題を捨てる勇気を持とう。何でも解決・改善できるものじゃない。

問題が起きた時、すぐに原因を調べ、解決や改善する手段を講じるのは正しいと、小さな頃から教え込まれてきましたが、本当にそれだけが正しいのでしょうか?
あなたは、問題の種類に大きさに重さに苦しみ、解決できない問題を抱え続けることが自身の成長に繋がると思いますか?

目次

 

固定観念を捨てよう

私達は小さな頃からずっとひとつの方法だけを教えられてきました。問題が起きたら、解決・改善していけばいい。それが成長するということだと。
けれど、これだけが本当に正しい方法なのか、疑問に思ったことはありませんか?

あなたの周りで起きる問題には、大きく分けて2種類の問題があります。
ひとつは、あなたの力が及ぶ問題や自分の内側の問題です。あなたの力で解決することが可能な範囲に起きているので、努力次第で何でもできます。

もうひとつは、あなたの力が及ばない問題やあなたの外側に原因がある問題です。そもそも力が及ばなければ、問題を見つけても解決することはどう頑張ってもできません。
そして、あなたの外側に原因がある場合、あなたがどう力を尽くそうとも、原因を解消できません。
こういった解決できない問題に付きっきりになり、抱え続けることは、果たして自身の成長に繋がるのでしょうか?

多くの場合は、ずっと問題が解決されず、自分には何もできないと嘆き、できていた事までできなくなっていってしまいます。
たったひとつの問題が解決できないだけで、自分がダメだと思い込んでしまうのは、あまりにも悲しいことです。

 

解決力よりも捨てる勇気

問題解決力を磨けば、どんな問題でも解決できる・改善できると謳う人は多いですが、それは正解とは言えないでしょう。何をどうしても他人の心を変えることができないように、努力の仕方を変えても解決できない事はいくらでもあります。
そんな時、向き合うものは問題の原因ではなく、解決できない状況に対してです。

自分の力を知り、力が及ぶ範囲を知れば、その問題をどう扱うべきかがわかります。
自分の力が及ばない問題であれば、その問題を忘れてしまう、捨ててしまうことは間違いではありません。「逃げてはいけない」という人もいますが、問題から逃げることは悪いことではないのです。

逃げるということは、自分の力を知っているからこそできる行動です。全てに玉砕覚悟で向かっていくことが美徳とした古い価値観は捨て、問題とどう向き合っていくかを自分の考えで決めてもいいということを知りましょう。

 

自分にできる事を知る

あなたには、どんな事ができますか?得意なこと、頑張ればできること、やってみたことはないけれどできそうなことなど、何ができるのかを今一度考えてみてください。
日々の小さな成長が、あなたにできる事を増やしています。できる事が増えていくほど、あなたに解決できる問題も増えていきます。

けれど、今のあなたでも解決できない問題はあるでしょう。そんな時は、未来の自分にできるかどうかを考えてみましょう。
技術を習得すれば解決できるのか?経験を得ることで解決できるのか?未来の自分を想像すると、今すぐにとりかかるべき問題かどうかを判断することができますね。

今ある力だけで全てを解決できるとは思ってはいけません。何事にも力及ばない事はあります。今の自分では解決できない問題に直面した時に必要なことは、問題を捨てて逃げるという判断をする勇気です。
あなた自身を、あなたの未来をすり減らしてしまわないように。逃げるべき時は逃げていいのですよ。