言いたい事が言えない!言えるようになりたい!

つい、自分の言いたい事を飲み込んでしまい、何でもない風を装ってしまうことありますか?
言いたい事を我慢ばかりしていると、どんどん周りの意思に流されていってしまいます。あれがしたい。これがしたい。と、言えるようになりましょう。

目次

 

言いたい事を言う為に

ちょっとした注意や相手とは真逆の意見を言おうとして、思わず口を閉ざしてしまうこともありますよね。言いづらかったり、相手の意見を潰してしまいかねないと思ったり。そうして、自分の言いたい事を飲み込む癖がついてしまいます。

相手のことを思う行為は優しさですが、相手のことばかりを優先していては自分に我慢を強いることになる上に、相手にとっても真摯に向き合っていないことになります。

相手がもし「本音を話してくれないなんて悲しい」と言ってきたら、あなたはちゃんと言えるでしょうか?重い話であるほど、喉の奥がきゅっと閉まり、心に重みを感じて黙ってしまうのではないでしょうか。
一度、癖となってしまったものを直すのは難しくはありますが、できないことではありません。言いたい事をちゃんと言えるように、相手と対等に真摯に向き合う為に、言わない癖を直していきましょう。

 

1.ダメージ量を想像する

言いたい事を飲み込みそうになった時、考えてみましょう。それを言わなかった時のデメリットを、言わなかった時の心に受けるダメージ量を。
そうして考えてみると、言う方と言わなかった方とどちらがダメージが大きいでしょうか?場合にもよりますが、言わなかった方が自分や相手の心にダメージが大きいものです。

我慢という行為は、想像以上に自分の心にダメージを与えます。言わなかった後に、自分にどれだけ無理をさせてしまうかを考えてみてください。
そして、自分の意見を言わない友人や恋人を見ている相手は、どんな気持ちになるか考えてみてください。
今この瞬間は言いづらくても、とにかく声にしてみようと思えるように変わります。まずは、考えてみましょう。

 

2.柔らかい言い方を考えておく

言いづらい事ほど、伝え方を変えるだけで言いやすくなり、相手から誤解を受ける可能性が減ります。これは相手の行動を注意する時などに役立ちます。

遠まわしな言い方、オブラートに包んだ言い方など、常にいくつかの候補を考えておきましょう。こういう時はこう言おうと想定しておくと、その時になって考えるよりも言いやすいです。

あの時ちゃんと言えばよかった、と思ったことがあったなら、もう一度同じことがあった時の為にシミュレーションしておきましょう。どう言えば誤解なく伝わるか、相手からどんな反応をされるかを考えておくと、言いづらさへの緊張感も和らぎます。

 

3.反論・反対意見はあると覚悟しておく

言いたい事をちゃんと言えたとしても、それで万事解決というわけではないですよね。もちろん、人の意見に真逆の意見を言えば、その後に待っているのは議論かケンカか、ということになりかねないのでは?と考えて怖くなってしまう人もいますよね。

けれど、安心してください。自分の言いたい事をきちんと誤解なく伝えるだけでは、ケンカに発展することはほぼありません。もしケンカになるようであれば、相手の虫の居所が悪かっただけ。それはあなたが発言したから起きたわけではないので、気にする必要はありません。

あなたが覚悟しておくべきは、相手にも相手の考えがあり、意見があるということです。常に他人と意見が一致することはありません。それどころか違うところだらけなのが、私達です。
反論される、反対意見があるものだという覚悟をしておけば、無防備な心に攻撃を受けることはないでしょう。多少の議論になったところで、意見を言い合う程度ですませる余裕がうまれます。

 

自分を守る為に言う

いつも言いたい事を飲み込んでしまうあなた。言いたい事が言えるようになるまで、言うという練習を積み重ねていかなくてはなりません。
最初は言いづらさのあまりに、間が空きすぎでしまうかもしれません。何と言えばいいのかわからなくなってしまうかもしれません。それでも、まずは声に出して、言葉にしていってください。あなたの言いたい事は、あなたが言葉にしなければ、外の世界に表現されることは決してないのです。

言いたい事を言う。普通のことではあるけれど、難しいことだとも思います。けれど、自分の気持ちや意見を言うことは、あなた自身を守ることにも繋がります。
人に振り回されずに済むように、利用されずに済むように、大切な人と真摯に向き合えるように、言葉で自分自身を守れるように。
あなたの言いたい事を言葉にしましょう。