polir > ライフ is polir > Dear me 自分への手紙 向き合うことでわかる自分

Dear me 自分への手紙 向き合うことでわかる自分

今の自分があるのは、過去の自分があったから。未来を目指した自分がいたから。
迷うことがあったら、自分に手紙を書いてみましょう。

 

Dear me 自分への手紙を書こう

普段の自分をどのように感じていますか?
日々の仕事、キャリアアップの為の勉強、恋人や家族、友達という大切な人と過ごす時間、ただ過ぎていくだけの日常。
そんな時、あなたはどんな気持ちでどんな顔をしているのでしょうか。

今を忙しなく生きていると、ふと自分がどこにいるのか、どこに向かっているのかわからなくなる時がありませんか?
自分が何を求めていたのかあやふやになり、決断することが怖くなります。このままでいい訳がない!と思いつつも、次へ踏み出す新しい一歩はとても恐ろしく、今までのように先へと進む勇気が湧きません。

そんな時、自分自身に手紙を書いてみませんか?
過去にあったことを振り返り、今あることを整理して、未来をどうしていきたいのかを鮮明にする為に。

初心を忘れない為
挫けそうなときに思いを振り返る為
揺るぎない決断をする為
未来の自分の為に、今の自分の気持ちを文字にしてみましょう。

 

手紙を書くということ

気持ちを声にすること、文字にすることは気持ちの発散です。発散することで溜め込んでいたものが吐き出され、気持ちが楽になる効果もあります。
そして、未来のビジョンが鮮明になる効果も。
今考えていること、悩んでいることを吐き出すと不思議と答えが見つかりやすいのです。頭の中で思うだけではなく、文字という形にすることで何度でも読み返して深く考えることができるようになります。

私たちは日々迷って悩んでいます。今日選ばなかった選択肢をいつか後悔するのかもしれない。そんな恐怖と戦って生きています。
過去を振り返ることはできても、戻ることはできません。
この選択肢を選んだことを後悔しない為には、選択する前にどうしたいのかをはっきりさせておかなければなりません。

手紙は自分の気持ちと未来のビジョンを鮮明に浮き彫りさせる為のもの。
今まで培ってきたものを総動員して未来の為にキャリアアップしたい!
今までやってきたことはなかったけれど、この憧れを憧れのままで終わらせたくない!
そんな気持ちを文字という形にしましょう。

そしてその手紙を手帳に挟んで持ち歩きましょう。
心折れそうになった時に紐解いて読んでみてください。どれだけの思いで決断した道であったかを思い出させてくれるでしょう。
勇気を持って決断した日をはっきりと瞼の裏に呼び起こしたら、立ち上がる時です。今の自分に何が必要かを頭をフル回転させて考える時です。

 

Dear me

2019年の私へ。2018年10月の今、私は夢に向かって全力で走っています。
毎日が迷いと悩みの連続で、心が揺れてばかりです。
どうするべきだったのかばかりを考えて、どうしたいのかが頭に浮かびません。
それでも未来を諦めたくない気持ちを手放せません。
だから私は夢に向かって走っています。
2019年の私は何をしているでしょうか。
夢が叶いましたか?
夢が破れましたか?
どちらの結果か、それとも別の結果になっているのか、今の私には見えません。
けれど、夢が叶うように2018年の私は全力で走ります。
ずっと憧れていた夢を叶える為に決断した選択肢を自ら捨てることだけはしたくないと強く思います。

Leave a Reply