polir > ライフ is polir > 鬱病を治す驚きの方法!治療の一歩目はコレ!

鬱病を治す驚きの方法!治療の一歩目はコレ!

今回は多くの方が悩まされている鬱、そして気分の落ち込みに有効な方法をご紹介します。

 

鬱も治る気分転換法

それはとっても簡単な方法です。

あなたは右利きですか?左利きですか?
では、逆の手で生活してみてください
そうするだけで、気分が変わっていることに気が付くはずです。

 

鬱とは

【鬱】、【鬱病】とはどんなものかご存知ですか?
気分が沈み、何もできなくなる。
楽しかったはずの事が全て色褪せる。
生きていくことに絶望を感じる。

これは心の病気とされてきましたが、近年では脳の病気であるとわかりました。
外部からの刺激、人間関係や過労、生活環境の大きな変化を受け止めきれず、脳の働きのバランスが崩れた状態になってしまうことです。

この病気になる人の特徴は、誠実、真面目、責任感が強い、一人で背負いこみやすい、ストレス発散が苦手、人付き合いが苦手、人にお願い事をすることが苦手といった方です。
一見すれば誰にも好かれるような人柄でしょう。けれどその人柄こそが自分自身を追い詰める原因になってしまうのです。

鬱病は投薬やカウンセリングで緩和することはできていましたが、完治はできない病気とされています。これは完治しても元の生活に戻ってしまえば、すぐに再発する恐れが大きいからです。
投薬治療もその方に合った薬に出会えるまで、幾度も試さなくてはなりません。薬の副作用から、更に社会との接点を失う方もいます。
担当医との相性が悪ければ、治療そのものが鬱の原因にもなりかねません。

そんな鬱に対して効果的な方法が冒頭で述べた利き手と逆の手で生活することです。

 

利き手と逆の手で生活?それで治るの?

なぜ利き手と逆の手で生活することによって鬱が治るのか、ご説明します。

まず、なぜ鬱になってしまったのか。その原因を考えてみましょう。多くの方の悩みは以下のいずれかに当てはまるのではないでしょうか。

  • 今のままで将来が(金銭的・スキル的)不安
  • 会社の人に嫌われている気がする
  • 今日会った人に失礼なことをしていないか不安

これらは悩んでも悩んでも一朝一夕には解決できない事です。
自分の将来に不安を感じてもすぐに給料が上がるわけではないし、スキルを身に付けようにも時間がないと考え、会社の人に嫌われている気がしても本人に聞くわけにもいかないし、不安な気持ちだけが大きくなり、出会った人達に失礼な事をしていないか、その場ではなく別れた後になって不安な気持ちが襲ってきても、もう別れた後。
このような不安があなたを鬱にしてしまっていませんか?

考えても考えても不安ばかりが堂々巡りしていると、気分は落ち込み、自分自身をダメな人間だと認識してしまいます。そうなってくると思考はダメ人間の堂々巡りです。
ダメなところを見つめ直して前に進めるのならば最良ですが、いつもそうできるとは限りません。

そんな時、利き手と逆の手で生活をしてみてください。
缶コーヒーの蓋を開けること、パソコンのマウスを逆の手で操作してみること、文字を書くペンを逆の手に持ってみること。
たったこれだけで驚くほどに思考が止まります。

思考することは悪いことではありませんが、悪い思考は続ける意味がありません。自分自身を貶め、ダメ人間だと思い込もうとする思考は早く止めなければ自己暗示になってしまいます。自己暗示が長く続けば、本当に思い込みどおりのダメ人間になってしまうこともあるのです。
思考を止めようと別の事を考えようとしても、大きな問題だと認識してしまっている悩みを再び考えだしてしまいます。
そこで思考を止める方法が必要になるのです。
この方法は簡単な上にいつでも実践可能!作業中であるならば更なる効果を発揮するでしょう。

そうして悪い思考を止めて、頭を休めてください。
思考の波にのまれないように脳を休め、心を休め、自分を休めましょう。
考えるのはそれからで大丈夫です。まずはフラットな状態に自分を置きましょう。

Leave a Reply