polir > ライフ is polir > 季節による気持ちの浮き沈み~季節性感情障害 SAD~

季節による気持ちの浮き沈み~季節性感情障害 SAD~

季節が変わると気分が落ち込むという方は多いのではないでしょうか。
ダラダラ生活している自分が悪いと考えるよりも前に、その気分の落ち込みは季節のせいかもしれません。

 

季節性感情障害とは?

季節性感情障害。Seasonal Affective Disorder(SAD)と呼ばれる障害があります。
これは季節の移り変わりが人に影響するというものです。
一見すると鬱病と同じ症状なのですが、特徴的な症状が2つあります。

睡眠と食欲が増す

という点です。
気分が落ち込み、やる気になれず、イライラして日々を楽しめず、人と会いたくない。寝ても寝ても眠いけれど、食欲はいつも以上にある。
そんな症状を抱えていた場合、あなたは季節性感情障害かもしれません。

 

季節性感情障害になる原因は?

原因は日光を浴びる時間が減少したからと考えられています。
秋から冬にかけて、どんどん日照時間は短くなります。それに加えて室内にいることが増えたことで余計に日光を浴びる機会を失っています。
ただ日光を浴びないだけで影響を受けるものなのか?とお思いでしょう。とても影響を受けるのです。

日光は体内時計を正常化させる為に必要なものです。朝に日光を浴びることで体は目覚めようとします。
体が目覚める・眠くなるにはメラトニンというホルモンの量が重要になります。このメラトニンが多く分泌されるのは、暗くなった夜。明るい日光を浴びた朝からメラトニンは量が減少します。
日光を浴びない生活をしていると体内時計が狂い、脳はいつ眠っていいのかわからなくなります。

体内時計が狂うと食欲が異常に増していきます。体のエネルギーである食事を正しく取ることができなくなると、疲れやすくなったり、気力が失われていったりと、様々な症状が表れてきます。

 

無気力・イライラの悪循環

そして恐ろしい悪循環が迫ります。

  1. 気力がなく、何もやりたくない。動きたくない。
  2. 運動不足が慢性化し、室内に引きこもる。
  3. 食欲は増しているので、手当たり次第食べたくなる。
  4. 眠気が増すのでイライラしやすく、そのイライラを家族や友人などの身近な人にぶつけてしまう。人間関係に亀裂ができると、外出しようという気力が失われる。
  5. 1に戻る。

上記のような悪循環とわかりきっているのに、その場に立ってみるとどうしようもない感情に流されてしまいます。
どこかで奮起して立ち上がる気力を振り絞れるならば良いですが、そうでなければ外部の力を借りましょう。

 

光を浴びる 照射療法

朝なかなか起きられない人ほど、孤独を感じやすく抑うつ的になりやすい傾向があるそうです。上記の悪循環になりやすいタイプの人と言えますね。
そんな方々の為に簡単なセルフケアをご紹介します。

照射療法という一定時間、光を浴びるという治療法があります。それと同じように起床時、カーテンをあけて朝陽を浴びることではっきりと目が覚め、体内バランスが日光を浴びることによって整います。それによって気持ちが落ち込むことを防いでくれます。

光の力は強く、この方法では一週間程度で改善に向かう方もいらっしゃいます。
行うならば起床~午前中が有効です。午後に行うと夜に眠りにくくなってしまい、翌日は睡眠不足なんてことになりかねません。

 

認知行動療法 CBT

この方法は長期間の治療になります。自分一人で行うには少々難しく、カウンセラーの協力が必要になります。
長期的に見れば自分の意識改革が行えるので有効な方法なのですが、長い時間を必要とすること、協力者が必要なことですぐに始めるセルフケアではないですね。
けれど興味があったらお近くの信頼できるカウンセラーのところへご相談されると良いですね。始めてみよう、変わってみようと思う気持ちは大事にするべきです。

 

薬物治療

ちょっとやそっとでは治らないほど悪化してしまった場合、病院で診断してもらい薬を処方されることが一番です。
薬の副作用が怖いと思っていても、そのままでは自分で悪循環から抜け出すことはできません。薬の力を頼ることもひとつの方法です。
信頼できる病院で診断を受けましょう。

Leave a Reply