polir > ライフ is polir > 寝ている時に髪を傷めない。髪を守るナイトキャップ

寝ている時に髪を傷めない。髪を守るナイトキャップ

髪が長い人ほど、寝ている時の摩擦で髪を傷めています。
枕や髪同士が擦れることで表面のキューティクルが剥がれやすくなったり、剥がれてしまったり。
髪が長いほど摩擦も起きやすく、絡まりやすいですね。絡まることで抜け毛になってしまったりと、新たな悩みも増えてしまいます。
そんな悩みからあなたを解放するとっておきのアイテムをご紹介します。

 

目次

ナイトキャップの効果
ナイトキャップの使い方
ナイトキャップ人気の2種類

 

 

ナイトキャップの効果

枕を抱いた女性の写真

ナイトキャップを被って寝ることで、睡眠時の髪へのダメージを軽減することができます。傷みや乾燥など、髪へのダメージで悩んでいた方も、今夜からすっきり眠ることができますように。
ナイトキャップの効果は次の4つです!

 

傷み・乾燥からの保護

体の下敷きになることで髪は一晩中ゴリゴリと擦られて、起きたらボサボサに。キューティクルが剥がれることで髪も乾燥しやすくなります。
そんな摩擦ダメージと乾燥からナイトキャップは優しく髪を守ってくれます。

 

寝癖がつきにくい

ナイトキャップを被ることで、寝ている間に荒ぶる髪をまとめておくことができます。
翌朝の髪はしっとりとまとまりつつも、爆発した寝癖は付いていないでしょう。
綺麗にまとめてナイトキャップに髪を入れることで、寝癖を利用したふんわりした巻き髪をつくることも可能です。

 

吸湿・通気性

シルクやコットン製のナイトキャップは吸湿性、透湿性に優れています。頭の余分な湿気を吸い取り、外へと放出する手助けをしてくれる生地を選べば、頭皮のトラブルを軽減することになります。
夏の暑い時期であれば、頭皮の匂い軽減にも繋がります。

 

暑さ・寒さ対策

夏の暑い時期、首回りに髪があるだけで暑いですよね。逆に冬は頭が冷えて寒く感じます。
ナイトキャップはそんな両方の悩みを一挙解決!
髪をまとめて被るので首回りすっきりで、夏は涼しく快適!
冬は冷えから頭を守ってくれます。吸湿・通気性があるので、ムレもなく安心して一晩中被っていてOKです。

 

ナイトキャップの使い方

櫛で髪を梳かす写真

効果のあるナイトキャップでも、使い方を間違えると美髪は手に入りません。
面倒な事ではないので、寝る前のルーティンのひとつとして気軽に取り入れてくださいね。

 

きちんと髪を乾かす

髪が濡れた状態でナイトキャップを被ってはいけません。濡れた髪はいつも以上にダメージを受けやすいほど繊細な状態です。
また、濡れた状態だと雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の匂いの原因になったり、髪が傷む原因を作りだします。ナイトキャップ自体にも雑菌が付けばとても不衛生ですね。
ナイトキャップを被る前にはしっかりと髪を乾かしてからにしましょう。

 

髪はまとめてから被る

ナイトキャップに入ればいいと、乱暴に髪を突っ込んではいけません。その形そのままに翌朝の寝癖になってしまいますし、ダメージを受けることになってしまいます。
髪が長い方であれば、くるくると束にして巻いてナイトキャップの中に入れましょう。毛の流れを意識してまとめると、翌朝には寝癖はなく、スタイリングされたような状態になっています。

 

ナイトキャップは毎日洗う

毎晩使う枕カバーは毎日洗いますよね。それと同じく、肌に触れるものですから毎日洗って清潔を保ちましょう。
週に一回や月に一回なんて言っていたら、すぐに雑菌が繁殖してしまいます。寝ている時は思っている以上に汗をかいたりしているので、こまめに洗ってください。

 

ナイトキャップの人気の2種類

ナイトキャップにはシルク、コットンなどの生地に種類があり、形も豊富です。その中でも人気の2種類をご紹介します。

 

シルク

シルクは吸湿・通気・保温性に優れ、髪に潤いを与えてくれます。
形は紐で縛るタイプやゴムで簡単に装着できるものと様々です。
カラーも定番のピンクや白以外に黒やブルーなども。フリルの付いた可愛いものまであります。

若干のゴムが入っていますが、伸縮性は高くないタイプです。
紐で縛って調整するので、頭の大きさを気にすることなく購入できます。
私は頭の大きい方プラス毛量が多いタイプなので、帽子系のネット購入は本当に難しいものでした。
このタイプならサイズを気にすることもなく、肩より長い髪も全て余裕で収まりました。
私は首の後ろに紐があるのが邪魔だったので、正面で結んでいます。

 

周囲にゴムが入っているので、被るだけで簡単装着のタイプです。
前後を入れ替えるとフリルの付いた面と付いていないシンプルな面で使い分けができます。大きさも十分あるので、毛量が多い方でも十分に入ります。

 

ニット帽みたいな全体に伸縮性のあるタイプです。先端が無いので、髪の長さに左右されません。
枕カバーとしても使えるものです。
上のふたつに比べるとだいぶシンプルな形なので、可愛らしすぎるものが苦手な方でもお使いいただけるタイプです。
一見するとコットンに見えるのですが、シルクのナイトキャップです。

 

コットン

通気性抜群なので夏にぴったりです。
蒸れやすい頭の湿気を外に逃がしてくれます。
柔らかい触り心地と、肌への優しさから敏感肌の人でも使いやすいと人気です。
コットン素材のナイトキャップは伸縮性があるすっぽり被れるタイプが多いです。

 

 

 

まとめ

起きている時のヘアケア同様、寝ている時も髪を労わってあげると髪本来の美しさが保てます。
面倒なんてことはありません。ただ寝るとき用の帽子を被るだけ。
あなたも今晩から初めてみませんか?