polir > ライフ is polir > これは浪費?消費?投資?どれが当てはまるのかわからない!浪費を減らす方法は?

これは浪費?消費?投資?どれが当てはまるのかわからない!浪費を減らす方法は?

お金の使い道にはパターンがあります。
今日あなたが購入した物は【浪費】ですか?【消費】ですか?【投資】ですか?

 

目次

節約するなら項目を知ろう
なぜ浪費してしまうのか
浪費を減らす為にする4つの方法
まとめ

 

 

 

節約するなら項目を知ろう

メモとペンの写真

人のお金の使い道には【消費】、【投資】、【浪費】の3種類あります。
節約したいと思っていても、削ってはいけない部分を削ろうとしては節約も長続きしません。本当に削るべき項目を探し、衝動買いを減らしましょう。

 

消費

生きていく為に必要な費用。衣食住費、交通費など。

 

投資

将来かけたお金以上の価値があるもの。保険、習い事など。

 

浪費

一過性の快感の為に使われ、無駄遣いとされるもの。
衝動買い、使い勝手や経年劣化を考えていない安物買いなど。

 

なぜ浪費してしまうのか

宝箱の写真

なぜ浪費してしまうのでしょうか?その原因はふたつに分けられます。それは心理要因と環境要因です。

 

心理要因

落ち込んだ気分を発散させたい、良い事があったから祝いたいなど、お財布の紐が緩んでしまう状況に心があると浪費する確率が高くなります。

 

環境要因

高い物の中に安い物、手軽に寄れるお店の存在、限定・希少性があるなど、手に取りやすい環境が用意されていると浪費をしてしまいます。
特にセール中のお店では周囲の感情にのまれ、買うつもりもなくつい買ってしまうことも。

 

浪費を減らす為にする4つの方法

コインを持つ手の写真

浪費がどんなものかわかったら、次はその浪費を減らす為の方法を考えます。
私からは次の4つの方法をオススメします。
どの方法も簡単に始めることが出来ますが、浪費を勧めてくるのはあなたの心の声!何よりもあなたの心と戦わなければならないと言うことを肝に銘じておきましょう!

 

家計簿を付ける

お金の出入りを視認できる状況にしておくと、後で何が家計を圧迫していたかを簡単に把握することができます。
月の始まりには前月の収支を見直し、どんな物・事にお金をかけたのか確認しましょう。

 

購入する理由を考える

これは浪費になるのか消費になるのか。購入する前に買いたい理由を考えましょう。
「ずっと欲しかった服。今月は頑張ったからご褒美に」これは浪費ですね。
「ずっと欲しかった服。今ある服がダメになってしまった。手持ちの服と合わせられて、着回しできる。この一枚があれば、今シーズンはもう買い足さなくても大丈夫」これは消費ですね。しかしこの後、追加で買ってしまおうものなら、この買い物も浪費に早変わりです。

 

お金を使う時のルールを決める

購入する時のルールを決めておくと浪費を防げます。
○○円以上の購入は一晩考えてから買う。
お菓子は一日に二個まで。など。
あなたが購入の手を止めやすいルールを決めてください。

 

欲求が高まっている時に買い物に行かない

食欲や物欲は、欲求が高い時ほど浪費が激しくなります。欲しかったのか買いたかったのかわからないままに購入してしまうので、気を付けたいところです。
欲求が高い時はお店に入ること自体を避けてみてください。

 

まとめ

全ての衝動買いを無くすというのは無理があります。人はどうしても欲求には弱く、いつでも理性が勝つというものではありません。
それでも回数を減らし、人生に潤いを与える程度の浪費になる程度まで減らしていけるように心掛けましょう。