polir > スキンケア > メイクのりが悪いならこのスキンケアを試そう!肌荒れ改善スキンケア3選!

メイクのりが悪いならこのスキンケアを試そう!肌荒れ改善スキンケア3選!

お肌が荒れる時期は人それぞれありますが、季節の変わり目や寒さが厳しくなってくるころは、特に多くの人がお肌の悩みを抱えやすい時期といえます。
そんな時期でもお肌を綺麗に保つには、どうすればいいのか?その方法をご紹介していきます。

目次

 

お肌が荒れるのはナゼ?

お肌が荒れてメイクが上手くのってくれない!ファンデーションはガタガタに、ツヤも潤いも不足しているのがひと目でわかり、薄付きでは上手くいかない!
メイクの度にそう思うことはありませんか?荒れたお肌にメイクをのせることは、本当に至難の業ですよね。

どうしてお肌は荒れてしまうのでしょうか?ストレスによるホルモンバランスの乱れや偏った食事、睡眠時間の減少や季節の変わり目など、原因は実に様々!そんな原因ひとつひとつに対応できれば、確かにお肌が荒れる頻度や期間は減りそうですが、実際に細かに生活を管理するのは難しいものです。

「でも、何かしないとお肌がもう!」
そんな人には、まず試してもらいたい基本的な肌荒れ対策を行ってみてほしい!まず見直すべき3つのケアを生活の中で意識してみませんか?

 

1.水分摂取

寒くなると驚くほどに摂取している水分量は減ります。普段の倍くらい飲む気持ちでいてちょうどいいくらいです。

けれど、水分といっても飲み物全般のことではありませんよ。コーヒー、カフェオレ、フルーツジュースなどといった飲み物はカフェインや糖分が多く含まれています。それらの作用によって体内の水分がさらに減少してしまったり、肌荒れの直接的な原因をつくり出してしまうので、水分として摂取するには向きません。

そこで、ただの水。もしくは白湯をメインの飲み物にして、意識して摂取していきましょう。
体が冷えて困る場合には、食事メニューに温かいスープを取り入れると効果的です。人の体は、1日に飲む水以外にも食事で水分を摂取します。食事メニューにスープなど水分の多いメニューを取り入れることで、簡単に水分を補充できます。

 

2.体を温める運動

血行が悪いとどうなるかわかりますか?
血液は、細胞に栄養や酸素を届け、老廃物を受け取ります。この血の流れが滞ると、お肌に悪いことしか起こりません。

血行を良くするには、体が温まる程度の運動が最適です。ランニングやサイクリングなどのスポーツなどで体を動かすことも楽しんで体を温めることができますね。
運動が苦手という人は、ウォーキングやストレッチをやってみるのはいかがでしょうか?ほんの少しの運動量の違いかもしれませんが、その小さな違いは大きな結果の変化を生み出してくれる一歩目です。

 

3.低刺激な化粧水によるパック

荒れたお肌には、やはりフェイスマスクでたっぷりの補水をしてあげるのが効果的です。
高機能なスキンケアアイテムを使うよりも、安くても低刺激でたっぷりと遠慮なく使える化粧水パックが良いという時もあります。お肌が必要としている水分を、たっぷりと与えてください。

お肌が荒れている時には、高機能なアイテムよりも基礎的な成分しか入っていないものの方が悪影響が出にくくなります。お肌トラブルを起こしやすい人ほど、低刺激な化粧水を1本は家に置いておくと、肌荒れを起こしている時に便利に使えますよ。

 

継続することでお肌は変わる!即効性は危険!

お肌が荒れると、1秒でも早く治ってほしいと願うのは自然な気持ち。ですが、気がはやりすぎて即効性だけを求めるのは危険です。

即効性というものは、影響がそれだけ強いということ。万が一、お肌に合わなかった時には余計に状態がひどくなってしまうこともあります。
荒れている時こそ、正しく原因を排除し、ゆっくりと根気よく治していくことを忘れないでください。正しいケアを続けていくことで、お肌は確実に改善されてきます。じっくりと治していきましょう。