polir > メイク > メイク道具いつ洗ってる?洗わないと肌が荒れる!

メイク道具いつ洗ってる?洗わないと肌が荒れる!

今回のメイク編は【メイク道具のお掃除】です。
道具が汚いとメイクは上手くのりません。道具を綺麗にしてメイクのりを良くしましょう。

 

メイク道具の洗い方

 

道具を洗わないとどうなる?

メイクに使ったブラシやスポンジなどの道具類。一度の使用でもしっかりと粉や皮脂が付いています。その汚れ、放置すると雑菌が繁殖してしまうのです!その雑菌の数はトイレ以上になってしまうとか。。。
そんな汚いものを顔に付けてメイクしても、綺麗になんてなれません。雑菌を顔に塗った結果は、ニキビや吹き出物だらけの顔になってしまいます。
そして、汚れた道具はメイクを顔に綺麗にのせることができないのです。

そうなる前に道具類を綺麗に掃除して、日々のメイクを更に輝かせましょう!

 

道具の洗うタイミング

皆様はスポンジ、ブラシ、パフはいつ洗っていまっすか?
毎回のメイク後であれば最上です。全く問題ありません。その綺麗好きをいつまでも続けてくださいね。

毎回洗うのは面倒!となってしまう方でも、週に一度は道具を洗って綺麗にしましょう。汚れのせいでメイクが上手くのらないどころか、雑菌を肌にのせて皮膚を炎症させてしまうかもしれません。
リップやアイシャドウブラシなど、粘膜に直接付いてしまう道具はメイクする度にティッシュで汚れを落としておくと良いでしょう。リップは特に色が強いものが多いです。次のメイク時に色移りしてしまわないようにティッシュオフしておくと清潔さも保ちやすくなります。

それでも面倒!という方には、一番楽なのは使い捨てをオススメします。
100円均一でも高額商品と変わらない品質の物が手に入るようになってきたこの時代。この100円均一を使わずしていつ使いましょうか!
スポンジは袋詰めですし、パフも2~3枚がまとまって販売されています。ブラシのセットももちろんあります。1回きりの使い捨ては心苦しいと言うならば、何度か使用してから捨ててもOK。清潔な道具で、きらきらしたメイクを肌にのせましょう。

 

各道具別の洗い方

どの道具にも専用の洗剤が販売されています。けれど中性洗剤(食器用洗剤)で洗っても問題ありません。

     

  • フェイスブラシ、リップブラシ
    洗剤をお湯に溶かし、その中でブラシを振ります。
    すすぐ時は流水で優しく洗い流して、乾いたタオルに軽く押し当てるようにしてブラシ表面の余分な水分を取り除きます。
    形を整えたら、風通しの良い場所で陰干しです。清潔な乾いたタオルの上に置いておくと良いでしょう。

 

  • スポンジ、パフ、アイシャドウチップ
    ぬるま湯にたっぷりと浸してから洗剤を付けてもみ洗いします。ファンデーションの色が無くなるまで優しく洗います。
    流水で泡やファンデーションの色が無くなるまで、すすぎます。
    軽く水気を絞り、風通しが良い場所で乾かします。

 

  • ビューラー
    使用する度に付着したマスカラやアイシャドウをティッシュオフしておけば、あとはゴムが劣化しない限りそのままでもOKです。
    汚れ落ちにくい場合は、ポイントメイクリムーバーをティッシュに付けて擦ると綺麗に落ちます。

 

  • メイク入れポーチ
    ポーチを裏返して、中に落ちたファンデーションやチークなどの粉を払います。
    中性洗剤を付けて優しくもみ洗いし、汚れを落とします。
    流水で泡や汚れが無くなるまですすぎます。
    軽く水分を絞り、風通しの良い場所で乾かします。
    洗えない素材のポーチの場合、専用の除菌スプレーなどを使って汚れと雑菌を落としましょう。

 

交換時期も大事

交換時期の見極めも大事です。いくら洗って大切に使っていても、限度があります。それぞれの道具の限界時期を知って、使えなくなってしまった道具たちはすぐに交換しましょう。

  • スポンジ、パフ
    使い始めは柔らかい感触だったはず。それがごわついてきたらもう交換の時期。手触りの変化で交換を決めてください。

 

  • ブラシ
    毛が少なくなっていたり、毛先が広がってしまっていたら交換時期です。

 

  • ビューラー
    ゴムが劣化して割れてきた、弾力がなくなった、カールが上手くできなくなったら交換時期です。

 

丁寧に扱うことが基本

道具によって使い方も洗い方も様々です。けれど、どの道具も丁寧に優しく扱うことが基本です。ご自分を綺麗にする為の道具たちを丁寧に扱ってあげてくださいね。

Leave a Reply