polir > メイク > パンダ目さようなら!崩れないリキッドアイライナー

パンダ目さようなら!崩れないリキッドアイライナー

今回のメイク編は【滲まないアイライナー】をご紹介します。
目の粘膜に近いところをメイクするので、滲んでしまっては意味がありません。しっかりと食いつくアイライナーで目をぱっちりと印象付けましょう。

 

ヒロインメイクのスムースリキッドアイライナー

本当にずっとお世話になっているヒロインメイクさんの商品です。このアイライナーに出会えてから、アイメイクがぐっと楽に、ずっと綺麗に保てるようになりました。

0.1ミリの極細の筆先で細かいラインまで描くことが可能です。目尻のハネラインはこの細さでばっちり描けます。
何度も重ねることで太さを出していけるので、一発描きできない初心者向けとも言えます。

汗にも涙にも皮脂にも強いウォータープルーフ仕様、スーパーキープポリマー配合しているので擦っても落ちにくいです。
それなのにお湯で簡単オフができる優れもの!
簡単オフは本当に助かる仕様ですよね。メイクしている時はいいものの、やはり一日を終えてメイクを落とすのは短時間で終わらせたいです!

 

スムースリキッドアイライナーの使用感

本当に極細!筆先の力の入れ具合で多少の太さ調整はできますが、私は何度か重ねて塗ることで調整しています。その方が不器用な私には簡単でした。
目尻のハネ具合もこの細さだと調整が効くので使いやすいです。

目の粘膜に近いところは直に塗っても肌がリキッドを弾いてしまいました。何度か重ねましたが、やはり弾きます。
調べたところ、先にアイシャドウのような粉を付けておくとしっかりラインが付いてくれるとのこと。で、実践してみました。
アイシャドウを先に付けて、それからアイラインです。直に塗るよりも一度ではっきりとラインが作れました。更に上からアイシャドウを重ねることでリキッドが安定します。

ラインがぱきっとくっきり付きます。ぼかして使うことはできませんが、はっきりしたラインを描きたい時には最適です。
一日経過してもヨレていませんでした。目尻もしっかりとハネのラインも維持されています。

色はブラック、ビターブラウン、ブラウンブラックと3種類あったのですが、私はブラックブラウンを選択。
光の加減でほんのりブラウンが見えるところが気に入っています。

お風呂でお湯と洗顔料を使ってオフしてみました。
お湯の時点でだいぶふやけて落ちている感じです。洗顔料を使うとしっかり洗い落とせるので、落とし残りはありませんでした。目尻や粘膜に近いところが落とし残りがでやすいですね。残してしまうと、明日のメイクに差し支えるので、すすぎは特に入念に行います!

 

!不器用さんの注意ポイント!
★泣いても滲まないけど、擦れに注意!
滲みにくいのは確かです。けれど絶対ではありません。強く擦ればそれなりに落ちます。ヨレる感じはないので、そこは本当に凄いかと。
★速乾性だけど、乾くまでは弱い!
速乾性に感じる商品ですが、乾く前はもちろん弱いです。しっかり乾かしてから次のメイク作業に移らないと、あちこちに付着してしまいます。

 

パンダ目にならない方法

リキッドを使ってもアイラインが崩れてしまう方は、目の形が原因かもしれません。
特に一重の方は瞼が厚く重なっている為、二重の方よりも皮膚とアイラインが密着し、擦れる回数が増えます。

そんな時は、パウダーが大活躍です。
フェイスパウダーで先に肌をさらさらの状態にしておけば、パウダーが皮脂と密着し、アイラインが崩れることを防いでくれます。
それと同じようにアイシャドウもパウダーを使うと良いです。
同じリキッドタイプ同士ではアイラインが滲んでしまうことが多いです。パウダータイプに変えて、アイラインが崩れることを防ぎましょう。

Leave a Reply