polir > メイク > カラーで印象を変える!色の心理学で気持ちをコントロール

カラーで印象を変える!色の心理学で気持ちをコントロール

メイクには様々な目的があります。ビジネスシーンで相手に不快を与えないように、結婚式で誰よりも輝く為に、友人と会う為に華やかに。
色の心理学で気持ちをコントロールしましょう。

 

目次

色の特徴

 

色の心理学。色の影響とは?

色の見え方、感じ方によって表れる人の反応を研究した学問です。
色にはそれぞれ特徴があり、私達の心理に大きな影響を与えています。同じ物体を見ても、色が違うだけで印象はガラリと変わってしまう。そんな経験をしたことはありませんか?
実はあなたも無意識に色の心理学を使っているのです!

色の心理学を意識して、普段の生活を彩ってみましょう。
普段のメイクの色を変えるだけで、自分の気持ちも相手の反応も変えてしまうことができます。
デスク周りの配色を変えるだけで、仕事や勉強に集中できる環境に変えてしまうこともできます。

色の特徴を知って、生活を変えてみましょう!

 

各色の特徴

これから各色の特徴をご紹介します。
どんな時に取り入れたいかはあなた次第!好きな自分を演出してみてください。

 

ピンクの特徴

華やか。幸せ。思いやり。優しさ。愛らしさ。
女性らしさを示すピンクは、心身を若返らせる効果があります。

 

赤の特徴

活力。エネルギー。情熱。興奮。生命力。
赤はエネルギッシュな色。熱や暖かさを感じたり、食欲増進、目を引き関心を集める効果があります。

 

黄色の特徴

知性。太陽。元気。無邪気。甘え。
太陽の色にも例えられる黄色は、注意を促す色としても効果的に使われます。集中力の発揮、判断力のアップ、記憶力のアップに効果があります。

 

青の特徴

冷静。清潔。信頼。爽やか。
興奮を抑え、感情を落ち着けます。食欲減退、集中力のサポート、睡眠の促進などにも効果があります。

 

緑の特徴

ヒーリング。鎮静。安らぎ。リラックス。成長。
緑は暖色、寒色どちらでもない刺激の少ない中間の色です。
心身のバランスを整え、リラックスさせる効果があります。また草木と同じ色であることから、成長をイメージさせる色です。

 

紫の特徴

優雅。上品。神秘的。ヒーリング。二面性。
活発さを示す赤と鎮静を示す青が混ざってできた色です。それ故に対極のふたつの面を持っている色でもあります。
想像力を豊かに、疲れを癒す、催眠効果、勘を鋭くする効果があります。

 

黒の特徴

クール。上質。強さ。孤独。重さ。
どの色でも塗りつぶしてしまう黒は圧倒的な強さを見せます。
高級感、強い自己主張、圧力・権力の力強さを増強する効果があります。

 

白の特徴

無垢。神聖。清廉。希望。浄化。始まり。
白は光に例えられる色です。暗闇の中を迷う人にとって白は希望を表します。
清潔、軽量感、浄化の効果があります。

 

茶の特徴

安定。温もり。堅実。保守的。クラシック
木や土の色。よって安定感や安心感を与えます。
格調の高さ、温もり、気持ちの安定に効果があります。