polir > マナー > 白シャツじゃなきゃダメ?新社会人の身だしなみの基礎

白シャツじゃなきゃダメ?新社会人の身だしなみの基礎

無難な服装だとセンスを疑われ、個性を主張すると注意されます。微妙な気遣いがポイントになる新社会人の身だしなみには、新社会人の自己主張と先輩社員たちの思惑のせめぎ合いが必ず起きます。
そんな時に頭を抱えなくて済むように、身だしなみの基礎知識を身に付けておきましょう。

目次

 

新入社員の身だしなみの基礎

新入社員に求められる身だしなみは、まずは【清潔感】です。
シワ、汚れの無い綺麗なシャツやスーツを用意することは、ビジネスの場では基本中の基本。
就活でくたびれたスーツで初日を迎えては、あなたが恥をかくだけに留まらず、迎えてくれた先輩方の顔に泥を塗るようなもの。

身だしなみは、あなたが相手に対する敬意を表すものさし。

まずは、この意味をしっかりと覚えましょう。
私服では出勤できないから、とりあえずスーツを着るという発想ではいけません。
服の種類はTPOに合わせたものを選ぶことはもちろん、どんな服を着るか、どのような状態で着るのかがポイントです。
例えスーツを着ていても、シワだらけで生地がくたびれていては、意味がないということを知りましょう。

 

気を付けるべき5つのポイント

チェックポイントイラスト

具体的にどのような点に気を付けるべきなのか、これからたくさんの事を覚えていく新入社員の記憶容量を奪わない為に、5つに絞りました。
まずは最低限これだけはやっておきたいポイントです。

 

1.先輩社員の真似をする

まずは会社の規則や風土を調べます。一般的には黒やネイビースーツ、白シャツか薄いブルーシャツであれば可とされますが、会社によっては企業イメージを大切にする為に様々な規則で社員の服装を指定しています。
何をどう着るか、悩む前にまず先輩方を見てみましょう。

入社年別や階級別で先輩方を見ていくと、服装にパターンが見えてきます。どこまで個性を出していいのか、それを知るものさしのひとつになるはずです。
迷った時は近しい先輩の真似をしてみるといいでしょう。けれど、先輩と全く同じものを選ばないように気を付けてくださいね。

 

2.色や柄は控える

人には似合う色というものがあります。顔色を明るくし、その人の第一印象さえも好印象に変えてくれるパーソナルカラーです。
しかし、新入社員の内は色も柄も控え目にしておく方が吉。

なぜなら、どんなに優秀で人当たりが良い新入社員でも、個性が目立てば打たれるからです。
無用な諍いを減らす為には、あえて目立たない凡庸性を示しておくことも処世術のひとつです。

初日から個性を前面に押し出さず、周囲の目が慣れていくのを待ってから徐々に個性を主張していくと無用な諍いに当たることが減ります。

 

3.ビジネス向けかカジュアル向けかを調べる

スーツに合わせるシャツひとつ取っても、実はビジネスの場に相応しくないタイプもあります。店頭には一緒に陳列されていることも多い上に、最近ではややカジュアル寄りの着こなしを許可する会社も増えているので、自分が入社した会社の規則や風土をよく調べておくことが先決です。

よくある失敗は【ボタンダウンシャツ】です。
シャツの襟がボタンで留められるので、しっかりと固定された感があり、一見ビジネスでも問題ないように思われますが、実はカジュアル寄りのデザインです。

ボタンダウンシャツの発祥は、乗馬競技であるポロ。競技中に襟が浮かないようにボタンで留めたことが始まりです。
つまり、ボタンダウンシャツはスポーツカジュアルというジャンルに分類されます。

その他、生地がニットであったり、麻であったりと一般的にビジネスシーンで見かける素材で無いものは、カジュアルと判断されやすくなります。
形を崩さずに個性を主張できるように見えますが、生地選びもまた身だしなみマナーのひとつです。その場に相応しいものを選びましょう。

 

4.小物類も気を抜かない

せっかく全体のバランスを整えても、ふと目に入る小物類が不衛生であったり、派手であったりしては意味がありません。
主な小物はハンカチ、シャツのボタン、アクセサリーなどです。

女性の場合は、シンプルなピアスやネックレスであれば着用しても良い傾向にありますが、会社が許しているからといって限度が無いわけではありません。
煌びやか、派手、アクセサリーであれば揺れるなどの動きのある大振りなものは避けましょう。

また、アクセサリーを身に着ける場合には、シャツのボタンにも気を付けましょう。ボタンのデザインが個性的だと、人の目を引きます。そこにアクセサリーが加わると、派手な印象を与えてしまう可能性が高まります。

 

5.スーツは毎日軽い手入れをする

実は、スーツは意外と手間のかかる服なのです。生地は耐久性が弱く、毎日同じスーツを着用していると、1年と持ちません。高品質なスーツになるほど手間はかかり、そして正しい手入れがされなければ劣化が早まります。

基本となるスーツは最低でも2着用意し、毎日同じスーツを着ることのないようにします。1日着たら、1日休ませましょう。

帰宅後にはブラッシングで汚れを落とし、厚みのあるハンガーにかけてスーツを休ませます。この簡易的な手入れをするだけで、スーツが長持ちしやすくなります。

 

新入社員は白シャツしか着れない?

数枚の生地

会社勤めをしていた時に目にした興味深いお話があります。
新入社員がビジネスマナーなどの外部研修を受け、その研修内容などの報告を聞いていた時でした。
その日、彼は薄いブルーのシャツを着ていました。真っ青ではなく、ほんのりと色味がわかる程度の薄いブルーです。清潔感もあり、顔色が明るく映えるシャツでした。ビジネスマナーとしても違反しておらず、社内の服装規定でも問題はありません。
しかし、研修教官から彼はそのシャツの色を注意されたそうです。
「新入社員が白以外のシャツを着るなんてありえない。明日から白シャツを着てきなさい」と。

昭和の時代かと驚かされました。【ビジネスの身だしなみ】としてのマナーや礼儀ではなく、【新入社員だから】色や柄シャツは着てはいけないと注意されたのです。
この注意内容には、注意を受けた本人も報告を聞いた社内の先輩方も首をかしげていました。この会社では服装規定が緩く、不快感を与えない程度であればある程度の自由が許されていたからです。

研修教官の注意は、少々古い固定概念があるように感じられましたが、現代においても未だ「古き良き時代」を踏襲する人は一定数いるという証明でもありました。

実際に、社内でも色や柄のシャツを着てくると冷やかされたり、注意にも似た言葉を受けたことがあります。
つまりは、ほとんど多くの社員が規則で許可されていると知りながらも、新入社員には大人しく従順でいてほしいという気持ちがあったということです。

人の感情は規則では縛ることができません。自分の輪の中に入ろうとする新しい人間を受け入れる態勢ができるまで、強い個性は諍いの素にしかならないのかもしれませんね。

 

まとめ

あなたの新しい一歩を誰にも邪魔されない為に、突出しすぎないように気を付けましょう。身だしなみは相手への敬意の表れ、つまりは「私は無害な人間です」ということを伝えるものでもあります。

個性を主張するのは徐々に徐々に、ゆっくりとあなたが周囲に馴染むのを待ってからでも遅くはありません。