polir > マナー > 誰も知らない傘のマナー!傘の持ち方、歩き方。傘をどう持ってる?

誰も知らない傘のマナー!傘の持ち方、歩き方。傘をどう持ってる?

雨が降っていない時、閉じた傘をどのようにして持っていますか?その持ち方、人の邪魔になっていませんか?

目次

 

傘は想像以上に危険物!

傘を差す人達

電車の中や階段など、ふとした時に無意識に楽な持ち方になっている人がとても多いなと、雨の降る時期によく思います。
人の気持ちが落ち込みやすい雨の日だからこそ、傘がぶつかっただけでケンカになることもある世の中です。
傘のマナーを今一度確認してみませんか?

 

傘が真横になるように持つと突き刺さる!

歩いている時、男性や背の低い人に多い持ち方が、傘の中間を持って、体と垂直にして持つ状態です。この持ち方だと、傘の持ち手と先端が前後の人に当たる可能性が高くなり、大変危険な持ち方です。
あなたの前後を横切ろうとした人にとっては踏切のように進路を妨害するものになります。背の小さな子供からは、傘の先端は目の高さです。

 

傘を前後に振り歩くのは危険!

傘の持ち手を持って歩いていても、手を大きく前後に振ってしまえば、足元にある傘の先端が後ろを歩く人の足に絡まる危険が高くなります。
例え角度がほとんどなかろうと、混み合った場所では先端は後ろを歩く人の足元です。将棋倒しになる危険が非常に高い持ち歩き方です。

 

電車内では濡れた傘の置き場所に注意!

電車の中で、座っている時に濡れた傘を自分の足の外側に置いていませんか?また、座席に寄りかからせていませんか?この持ち方だと、座席は濡れてしまい、あなたの隣にいる人や次に座る人が濡れてしまいます。

電車で立っている時に鞄の外側に引っ掛けていると、傘が斜めになって濡れた傘は隣の人に、先端はそのさらに隣の人にまで当たってしまいます。

 

傘の正しい持ち歩き方

誰も教わったことのない傘の持ち方マナーですが、知っていれば小さなイザコザを回避し、イライラすることもありません。
これを機に、正しい傘の持ち歩き方を修得してみませんか?

 

外を持ち歩く時は

歩いている時、傘の持ち手を持ち、体に沿わせるようにして持ちます。先端が地面に着くようなら、少し腕を上げて地面につかないように。そして傘を持っている手は決して前後左右に振らないように。
こうすると傘はあなたの体の一部となって、周囲の人の邪魔になることはありません。

 

電車内での持ち方

電車で座る時、立っている時、傘は自分の足の間に置き、先端も自分の足の間に置きます。こうすると隣に座る人にも、前にいる人にも濡れた傘が当たることはありません。

この持ち方では自分の服が濡れてしまいますが、濡れた傘を収納する専用の袋を持っていると、雨の日の移動に大変便利です。

 

傘を差す時も注意しよう!

傘を閉じている時だけに注意が必要なわけではありません。差している時にだって、気を付けていないと気付かない内に周囲の人を危険に晒していることがあります。
雨がひどい時や急いでいる時、傘を斜めに持っていませんか?視界を遮るように斜めに持つと、透明なビニール傘であっても誰かとぶつかってしまう危険は避けられません。

傘を差す時は、できるだけ角度をつけないように真っすぐに持ちます。持ち手はできるだけ体に沿わせると、周囲の人に傘の先をぶつけにくくなります。

 

ほんの少しの気遣い

自分が濡れなければいいやと思わず、周囲の人にほんの少し気遣いをするだけで、イライラしやすい雨の日を快適に過ごすことができるはずです。
隣を歩く誰かを見知らぬ誰かではなく、顔見知りと思えば、少しだけ優しくなれるのではなれるのではないでしょうか。