polir > マナー > 身だしなみ。ビジネスの基準・知らない内にやっているダメな事

身だしなみ。ビジネスの基準・知らない内にやっているダメな事

今回のマナー編は【身だしなみの基準】です。
身だしなみの基準はどのくらいご存知ですか?満点であれば、どこにでも堂々と出向くことができるでしょう。

 

就活でも使えるビジネスの身だしなみ基準

人によって感覚はそれぞれ。絶対の統一された感覚なんて何ひとつありません。けれどビジネスの場ではある程度統一された身だしなみが存在します。それはこの知識を知っているか知らないか、そして実践できているか、それだけの違いなのです。

身だしなみを整えることは自分のモチベーションを上げる為のオシャレとは違い、相手あってのもの。相手に対する敬意の表れを形にしたものゆえに、間違った身だしなみは敬遠されます。
基準となる項目は男女で少々異なるが、大きく言えば【清潔感のある装い】の一言にまとめられます。
では、どういった基準があるのか見ていきましょう。

 

清潔感のある装いとはどういうものか?

  • 汚れ、キズの無い服、靴を着用する。
  • フケ、汚れが無く、過度に派手ではない髪色。
  • 場に合った華美すぎないネイル、メイク、服。

まとめるとこの程度のことなのです。
しかしなぜか注意されてしまう方、いらっしゃいませんか?

ご自分で注意しているつもりでも、自分の「オシャレをしたい」「良く見せたい」という気持ちが先行しすぎて失敗しているパターンをよく見かけます。
ビジネスの場では「こんな自分を見て!」では問題外です。目立ちたい・相手より優位に立ちたい・誰よりも綺麗と言われたい・そういった感情が表に表れた場合、良い結果を迎えることはないでしょう。
その場にあった自分を装うことで、初めて相手と対等に話し合えるポジションに立つことができるのです。
一般的なビジネスシーンに的を絞って、項目別にチェックすべきポイントを見ていきましょう。

 

項目別チェックポイント~男性編

<髪>
整髪された状態
派手なカラーリングではない
フケ、寝ぐせはない

<顔・手>
無精髭がない
剃り残しがない
顔を汚れていない
爪が伸びていない
手が汚れていない

<服>
シャツのシワ、汚れ、ボタン外れがない
シャツは派手な色合い、デザインではない
シャツはサイズがあっている
ネクタイはフォーマルにも使えるプレーンノットで結んでいる
ネクタイが曲がっていない、シャツに合った色合い
スーツはサイズが合っている
スーツのシワ、汚れがない
スーツのポケットに物を詰め込んで型崩れを起こしていない

<靴>
靴に汚れがない
靴に目立った大きなキズがない
靴底がすり減っていない

 

項目別チェックポイント~女性編

<髪>
派手なカラーリングではない
派手な髪形ではない
顔にかかる髪はまとめている

<顔・手>
顔を洗っている
派手なメイクではない
スッピンではない
派手なネイルではない
爪が長すぎない
派手な装飾品(指輪、ピアス等)を付けていない

<服>
全体の露出が多すぎない
シャツのシワ、汚れ、ボタン外れがない
シャツは派手な色合い、デザインではない
シャツはサイズがあっている
スーツはサイズが合っている
スーツのシワ、汚れがない
スーツのポケットに物を詰め込んで型崩れを起こしていない
ストッキングは伝線していない
派手なカラー、柄ストッキングではない

<靴>
靴に汚れがない
靴に目立った大きなキズがない
靴底がすり減っていない
派手なデザイン・カラーの靴ではない

 

個性と身だしなみ。模倣だけではダメ!

上記にあげたチェック項目は基準のひとつにすぎません。この通りにしたからと言って、全てがOKということは決してないのです。
全ては自分自身とTPOに合わせて変えていくものだからです。

上に書いた【自分自身】とは、【個性】のことです。顔立ち、体型、雰囲気。あなたがあなたである要素全てのこと。
ご自分がよく似合うスーツを、隣の席の同僚は同じように着こなせるでしょうか?逆のパターンではいかがでしょうか?
似合うもの似合わないものは人それぞれ。上記のチェック項目の細かいところを見ていくと、その「それぞれ」の部分がよくわかります。

例えば、女性のネイルについてです。
ある顔立ちのはっきりした女性がいたとします。その女性は薄いピンクに爪先をゴールドで彩ったフレンチネイルをしていました。彫の深い彼女の顔立ちによく似合ったネイルです。自信に満ち溢れた彼女は黒のスーツを着ています。
もう一人、同じ色のネイルを付けた女性がいました。その女性は大人しい雰囲気で黒髪をひとつにまとめただけのシンプルなヘアスタイルに、黒のシンプルなスーツを着ていました。
この二人の女性を想像してみてください。あなたが上司であった場合、違和感を覚えるのはどちらの女性でしょうか?

例のように、人によって悪目立ちしてしまう要素は様々です。あの人にはぴったりだった装いも、自分にはとてつもなく似合わないなんてことはよくあることです。特に一部分だけを真似ることで、美しくはなれません。
憧れの人が着ていたスーツだから私も着たい!このような選び方では、あなた本来の魅力が表れることはありません。
誰しもが一度はやってしまった事ではないでしょうか?まだどのように身だしなみを整えたら良いのかわからない頃、先輩の持ち物や服装を見て真似をすること。
人の模倣をすることは悪いことではありません。けれどその全てがあなたに合うものではないと認識してください。人が持っている物を見て決めるのではなく、ご自分にあてて考えるクセを付けましょう。
ご自分自身に似合うかどうか、TPOに合った身だしなみか。まずはよく考えることです。
今、お手に取った服、靴、メイク、ネイルは、今日のアポイントの場に相応しいですか?

 

身だしなみとは?

  • ともに仕事をする人への敬意。
  • 不快感を与えない装い。

この2点が大事なポイントです。
どの業界であっても、場をわきまえない服装をしてきた相手と一緒に仕事をすることはありません。オシャレと身だしなみをきっちりと区別して、素敵な笑顔で相手と会いましょう。

Leave a Reply