polir > スキンケア > スキンケア講習会オンライン!何をやるの?参加してみて知ったこと

スキンケア講習会オンライン!何をやるの?参加してみて知ったこと

今回、縁あってとあるスキンケア講習会に参加させていただきました。このご時世なので実際に会うのではなく、オンラインで開催ということとなり、人生で初めてのオンラインのスキンケア講習会です。

目次

 

講習会はZOOMを使って

今回参加させていただいたスキンケア講習会オンラインでは、美白についての座学とスキンケアの正しい付け方、そしてスキンケア時にできるリンパマッサージのやり方を教わりました。

初めてのオンライン講習会だったのですが、ZOOMを使って簡単に参加でき、交通費をかけてまで遠出する必要がなかったので、気楽に受けられる感覚がありました。
何人参加してもオンラインならば、空調の寒さ暑さを感じることも、席が狭いと動きにくさを感じることもありませんでした。

人と直接会うことが難しくなっている今だからこそオンラインで開催される催しは増えていくのでしょう。けれど、オンラインイベントはこれから増え続けていくのだろうということを予見させる講習会でした。

ここからは、スキンケア講習会オンラインで感じたメリット・デメリットをお伝えしていきます。
もし参加しようか迷っているオンライン講習会があるならば、参考になる項目があるかもしれません。ぜひ読んでみてください。

 

スキンケア講習会オンラインで良かったこと

オンラインならではのメリットをいくつも感じました。その中でも特にこれは!と思った3つがこちらです。

 

自分の家だからスッピンも平気

スキンケア講習会に集まると、まずはメイク落としから入ります。すぐ隣や前後に見知らぬ人がいるのに、スッピンを晒すのは何だか恥ずかしいですよね。

オンライン講習会だと、その恥ずかしさはほとんど気になりません。
画面には確かに自分のスッピンが写ることもありますが、常に写されるわけではありませんし、講師の方の画面が優先的に大きく写され、他の人のスッピンを気にする人も少ないでしょう。

講習会後に再びメイクをする手間もかからないのは、オンラインだからこその気楽さですね。

 

講師の動きがよく見える

オンライン講習会の最大の良さは、講師の手の動きや説明している内容がはっきりと見やすい・聞きやすいことです。

100人規模の講習会となると、後列席から講師の顔はよく見えません。説明画面も遠くて、細かい図の内容が見えないことも多々あります。
しかし、オンライン講習会だと、そのデメリットは一切ありません。

特にスキンケア時の手の動かし方が間近に見えるのは、最前列で見ているのと一緒。これは、オンンラインならではの良さだなと感じました。

 

後片付けが楽

外出するわけではないので、用意した物を片付ける手間もだいぶ楽でした。オイルや乳液でベトついた手も、家ならすぐに洗い流すことができます。タオルの替えも何枚でも用意できるので、ちょっと忘れ物をしても平気です。

 

デメリットに感じたこと

メリットしかないという物事は世の中にはないでしょう。この講習会でも、いくつかのデメリットを感じました。けれど、内容は主催者側・参加者側それぞれで解決できるだろう内容かなと思いました。
今後オンライン講習会が増えるにつれて、デメリットはどんどん消えていくのではないでしょうか。

 

カメラセッティングが難しい

思ったよりも難しいと感じたのは、パソコンのセッティングでした。
自宅で行う場合、参加者全員に自室公開するのは嫌ですよね。モデルルームみたいな室内ならいいのですが、我が家はそうではないので。

背景を見られたくない人は画像選択することもできますが、一定以上のスペックのあるパソコンか、元の背景をグリーンバックにする必要があります。
残念ながら、そのどちらもできない人は家の中で見られてもいい背景の場所で撮影するしかありません。

光の向きや量が足りないと、自分が写る画面全体や顔が暗くなってしまい、光が強すぎると真っ白な画面です。

室内を移さないようにカメラを下から上向きに設置すると、ほぼ背景を写すことなく撮影できます。しかし、自分の顔を常に下から覗き込まれた状態で撮影されます。この顔の向き、お世辞にも綺麗とは言えないので、下から見上げるカメラ設置は避けた方が安全です。

 

メモをとる暇がない

実際のスキンケア講習会などであれば、メモを取ることもあるでしょうけれど、資料を配布される為、そこまで詳細なメモを取ることはまずないでしょう。

オンライン講習会だと、資料は画面共有で表示されるので主催者側は資料配布の手間がかかりません。
しかし、それだと参加者側には手元に資料が残らない為、後で読み返すことができません。講習を受けながら講習内容の一語一句を書きとるのは、難しいです。

どこにも公開しないことを条件に録画許可があれば、講習を受けた後も講習内容を振り返ることができるのに、と思いました。

 

個別指導してもらえない

大規模なスキンケア講習会でもあるのですが、実際のスキンケアを行っている時に、やり方の訂正やコツなどを個々に指導してもらえる機会がないのは残念でした。

オンラインだと名前を直接呼ぶなどして、誰がどのように間違っているかを晒し者のような扱いになってしまうこともあってか、今回のスキンケア講習会オンラインでは、個々の指導はありませんでした。

大きな会場で、複数の講師がいる場合ならば、1人の講師が説明している間に、参加者の間を回って個々に指導することもできるでしょう。
間違いを訂正される時は、できればこっそりと教えてもらいたいですよね。オンラインではそれが難しいのかな、と感じました。

 

参加してみて

今回、オンラインでの初めてのスキンケア講習会に参加させていただきましたが、その内容はとても充実していたと感じています。

スキンケア時のコツやポイントなんて、誰もが頭に入っている!と思っていますが、実際に行ってみると、自分のやり方と講師の方のやり方には違いがあることをハッキリと認識することがありました。
毎日行うものだからこそ、手を抜き、気を抜き、いつの間にか正しくないケアが身についてしまっているのだと感じるキッカケになり、適当にスキンケアをしていた自分を戒められました。

主催者側もオンラインでの開催は初めてということで、使い慣れないZOOMの機能にあたふたする場面もありましたが、座学・スキンケア・リンパマッサージと、その内容は説得力があり、本当に身につけたい技術であると実感するばかりです。

今後も発展していくであろうオンラインでの様々なイベント。参加できる場所にはどんどん参加してみたいと思っています。
それらの様子や参加してみた実直な感想など、皆様に共有できれば幸いです。