polir > スキンケア > ヴァセリン(ワセリン)でどんな乾燥も防げる!肌に!髪に!体に!

ヴァセリン(ワセリン)でどんな乾燥も防げる!肌に!髪に!体に!

今回は、乾燥肌の強い味方!ヴァセリンをご紹介します。
スキンケアにもはボディケアにも、更にはヘアケアにも使えるマルチな保湿剤です。

目次

 

ワセリンとは?

ワセリンが何から出来ているかご存知ですか?
実は石油から作られているのです。
石油と聞くと肌に悪いのでは?と思ってしまいますね。しかしこのワセリンは石油を精製して作られた物。決して石油がそのまま!なんて物ではありません。顔や体に付けても問題ないように研究が重ねられ、今や安全性も高く、医療現場でも使用されるほどの商品です。

 

ワセリン?ヴァセリン?どちらが正しい?

ワセリン?ヴァセリン?皆様どちらの呼び名が正しいかご存知ですか?
【ワセリン】とは、石油を精製して作られた保湿剤のこと。
【ヴァセリン】とは、ユニリーバ社が1865年に開発したワセリンを原料とした保湿クリームの商品名こと。

ユニリーバのヴァセリン

どちらの呼び名であっても、日本ではだいたいユニリーバ社のヴァセリンを想像する方が多いのではないでしょうか?それだけ長く愛され続けてきた商品であるということですね。
2018年現在で153年も販売が続いています。

 

ユニリーバ ヴァセリンスキンオイル

丸みを帯びた四角い容器に入れられたヴァセリンスキンオイル。濃紺色の蓋と半透明のボディパッケージで知らない方はいらっしゃらないでしょう。
乾燥しやすい肘・膝や、唇・目元などの顔周りにも使用でき、水仕事で荒れてしまう手にもハンドクリームとして使用可能。かかとのひび割れにも効果を発揮するなどマルチな保湿剤です。
乾燥ケアだけではありません。靴ズレの防止や、衣類の摩擦による刺激から守ってくれる保護クリームにもなります。

 

ヴァセリンの使用感

スキンオイルという商品名ですが、中身は硬めのクリーム状です。

ユニリーバのヴァセリンの中身

伸びが良いかと聞かれれば、そんなに良くはありません。しかし、肌にしっかりと残って乾燥や摩擦の刺激から守ってくれています。

髪に付けると、束感が簡単に出せます。その上少々の艶感も与えてくれるようです。若干ペタペタした感触がありますが、そこまで気になるほどのものではありませんでした。付ける量を調整していけば、ペタペタ感も減りそうです。

!不器用さんの注意ポイント!

★付ける量は少量ずつ!
たっぷりと付けると、その分べたつきが激しくなります。そうすると空気中のホコリやゴミまでふいにくっついてしまいますので、付ける量は少量ずつです!
★気になったらティッシュオフ!
少し付けすぎてしまったかな?と思ったら手で拭うのではなく、ティッシュオフが一番です。ティッシュオフだと余分な分がほどよく取れます。手で拭おうとすると、余分が取れるのではなく広がっていきます。

 

肌へは浸透しない

石油から作られるワセリンは鉱物油に該当します。この鉱物油は肌への浸透がほとんどありません。よって外部刺激からヴェールのように肌をずっと続けてくれます。
よって、メイク後のテカリ防止などにも使えます。

 

長期保管に最適

鉱物油は酸化しない為、長期保管に適した商品といえます。
しかしそれでも、不衛生な手で使用を続ければ、酸化しないとは言え汚れていくのは必至です。体のどこに付けるものであっても、まずは手を綺麗に洗ってから使いましょう。

 

ヴァセリンの商品種類

全身どこにでも使えるヴァセリンですが、他の成分をプラスした部分専用商品も販売されています。
まずは全身どこでも使える定番のヴァセリンです。保湿クリームとして使うことはもちろん、保護クリームとしても優秀です。擦り傷などにひと塗りしておくと、だいぶ痛みを和らげることができますよ。

 

リップクリーム

女性の手のひらに隠れてしまえるほど小さい20gのリップクリーム。
こちらは無香料・無色の一般的なもの、ほんのりピンクの色付き、ココアバター配合の3種類が出ています。

 

ハンドクリーム

潤いながらさらりとした使い心地のハンドクリーム。しっとりスクワラン入りハンドクリーム、あかぎれ・ひびわれなどの水仕事から受ける刺激から守ってくれるビタミンE誘導体入りの2種類が出ています。

 

ボディローション、クリーム

普通~乾燥肌さんの為のボディローション。極小のワセリンジェリーを配合し、潤いを肌に留めてくれるローションです。
乾燥がひどく、肌をもっとしっとり守りたい方へは、ディープモイスチャーアドバンスドリペアボディクリームがあります。

Leave a Reply